四国八十八ヶ所霊場めぐり  86番札所  志度寺

こんにちは。


「四国八十八ヶ所霊場めぐり  86番札所  補陀洛山 清浄光院 志度寺」

           いざさらば今宵はここに志度の寺

                    祈りの声を耳に触れつつ




香川県東部、志度湾に面して建立される志度寺。海の向こうはるかには、屋島や五剣山の稜線を望めます。

開創は古く推古天皇33年(625)、四国霊場屈指の古刹です。

海洋技能集団海人族の凡園子が霊木を刻み、十一面観音(かんのん)像を彫り、精舎を建てたのが始まりと言われ、

その後、藤原鎌足の息子、藤原不比等が妻の墓を建立し「志度道場」と名づけられました。

その息子房前の時代、持統天皇7年(693)、行基とともに堂宇を拡張し、学問の道場として栄えました。

能楽の作品「海士(あま)」の舞台としても語り継がれています。

志度は、江戸時代の奇才平賀源内の故郷であり、近くに記念館とお墓もあります。




三門です。  国指定重要文化財なんです。

運慶の力作、仁王像と巨大わらじが迎えてくれる、全国的にも珍しい三棟造りの堂々とした佇まいです。

本堂とともに讃岐藩主、松平頼重により寄進されました。

P1010777d.jpg



仁王様です。  運慶作です。

P1010779d.jpg



P1010778d.jpg



三門の扁額です。

P1010780d.jpg



三門をくぐって・・・左手の参道へ行きます。  手水舎です。   

P1010782d.jpg



鐘楼です。

P1010783d.jpg



五重塔です。   高さ33m。1973年から着工され、1975年5月に落成されました。

P1010808d.jpg



本堂です。  ご本尊様は十一面観音です。

両脇侍の不動明王立像、毘沙門天立像は平安時代の檜一木造り。

讃岐藩主、松平頼重により寄進された本堂とともに全て重要文化財に指定されています。

P1010785d.jpg



屋根部分をアップしてみました。

P1010786d.jpg



大師堂です。  本堂の左側にあります。

P1010788d.jpg



大師堂には、修行中の大師の絵が奉納されております。

P1010790d.jpg



扁額というものなんでしょうか。

P1010791d.jpg



P1010805d.jpg



琰魔堂(県有形文化財)です。

P1010792d.jpg



護摩堂でしょうか?

P1010794d.jpg



阿弥陀仏です。

P1010795d.jpg



アップしてみました。

P1010796d.jpg



この奥は、書院なのか・・・・・・????

P1010798d.jpg



結構広い敷地の中、木が茂って・・・・不思議な空間です。  平成の補修をしようと資材があちこちにありますが、進まず・・・・

本堂と大師堂だけのお参りなのですが、少しの空き時間を見つけ、チョコチョコと動き回って写真を撮っておりました。

P1010801d.jpg



三尊仏像です。

高松藩初代藩主の松平頼重公が3人の近習を弔うために建立した三体の仏像です。

右から、薬師如来、阿弥陀如来、観音菩薩です。

藩主が若いころ、3人の近習に些細な事で切腹を命じたそうです。

家来が、一命だけでもと懇願しましたが・・・晩年になって若い時の短気で切腹をさせた事を後悔したそうです。

P1010803d.jpg



次は、87番札所です。

つづく・・・・・・・



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛




ご朱印です。

P1020539b.jpg



御影です。

P1020540b.jpg






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ