大塚国際美術館  「ゴヤの黒い家からピカソ」

こんにちは。

P1170606.jpg


1枚目から凄い絵を掲載してみました。

ゴヤの黒い家から「我が子を食らうサトゥルヌス」です。

サトゥルヌスとは、ローマ神話の農耕神です。

予言者が、サトゥルヌスにわが子が支配権を奪って行くと云われて・・・・食べて殺すと言う悲しすぎる絵です。




では、他の黒い絵を・・・・

「運命の女神たち」です。

運命の糸を取り出す女神、ハサミで運命を断ち切る女神、虫眼鏡で運命を見る女神です。

P1170608.jpg



「食事をする二老人」です。

もう一人の方は何をしてるのか・・・

黒い絵は、プラド美術館所蔵ですが14点もあるそうです。

P1170609.jpg



次は、ブーシェの「ポンパドゥール婦人の肖像」です。

ルイ15世の寵妃で、侯爵夫人になった才色兼備の女性です。

P1170610.jpg



こちらもモーリスの「ポンパドゥール夫人の肖像」です。

ルーヴル美術館所蔵です。

P1170612.jpg



ブレイクの「ニュートン」です。

万有引力のニュートンですが、肖像画ではありません。

P1170614.jpg



「山上の十字架」です。

P1170617.jpg



アングルの「泉」です。

P1170619.jpg



アングルの「グランド・オダリスク」です。

ルーヴル美術館の二大美女だと言う事ですよ。

P1170621.jpg



フランテェスコの「サン・マルコ広場」です。

ロンドンのナショナル・ギャラリーの所蔵です。

P1170623.jpg



ドラクロワの「キオス島の虐殺」です。

ルーブル美術館所蔵です。

P1170625.jpg



有名なドラクロワの「民衆を導く自由の女神」です。

ルーブル美術館所蔵です。

P1170627.jpg



「皇帝ナポレオン一世と皇后ジョセフィーヌの戴冠」です。

ルーブル美術館所蔵です。

P1170629.jpg



あのピカソの「ゲルニカ」です。

P1170632.jpg



アンディの「マリリンの二連画」です。

P1170634.jpg



ピカソの「自画像」です。

P1170636.jpg



ピカソの「女=花(フランソワーズ)」です。

P1170638.jpg



ダリの「ゆでたインゲン豆のある柔らかい構図 内戦の予感」

P1170642.jpg



ピカソの「窓辺に座る女」です。

P1170640.jpg



シャガールの「イカロスの墜落」です。

P1170644.jpg



ローランサンの「シャネル嬢の肖像」です。

P1170646.jpg



モディリアーニの「座る裸婦」です。

P1170648.jpg



モディリアーニの「若い小間使い」です。

P1170650.jpg



これにて、大塚国際美術館は終わりです。

いや~~~1か所の美術館でこんなに多くの有名な絵画を見る事が出来ました。

良かったですよ~~~~~





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





大塚国際美術館  「ムンクからゴッホ・モネ・ルノワール・ミレー」

こんにちは。

P1170560.jpg



ちょっと・・・いや随分と飽きてきた記事が続いてしまいました。

あと少しだけ・・・・やっと近代絵画まできましたのでガマンをお願いしたいものです。

正月が終わり、6日から仕事始め・・・すぐに3連休と忙しい方もいらっしゃるかと思います。

自由に寝て、起きて、自由に食べて、自由に余暇を過ごしたい・・・・今日から2日間してみましょう♪




では、ムンクから。

オスロ国立美術館にて本物を観ましたので・・・・・懐かしい!!

ただムンク美術館には行ってないので楽しみます。

有名な「ムンクの叫び」  この構図の場所はオスロにありますので、行かれてみてはいかがでしょうか?



次もムンクの作品 「病める子」です。

P1170562.jpg



同じく「思春期」

P1170564.jpg



同じく「生のダンス」です。

純潔無垢の白の女性と、喪服のような黒のドレスの女性に真ん中の男女。

「生」とは、生命の事だそうです。

P1170566.jpg



ミレイの「オフィーリア」です。

シェイクスピアの「ハムレット」の登場人物です。

ハムレットに冷たくされて、発狂して河におぼれて死ぬ悲劇のヒロインです。

ロンドンのテート・ギャラリーの所蔵です。

P1170568.jpg



この「オフィーリア」の背景の説明がありましたの掲載いたします。

P1170570.jpg



ゴッホの「オーヴェールの教会です。

オルセー美術館所蔵です。

ちゃんと本物を観てきましたよ~~

P1170571.jpg



ゴッホの「自画像」ですね。

オルセー美術館所蔵です。

P1170574.jpg



P1170573.jpg



ゴッホと言えば「ひまわり」

P1170576.jpg



モネの「ラ・ジャポネーズ」です。

ボストン美術館所蔵です。

P1170578.jpg


ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

オルセー美術館所蔵です。

P1170580.jpg



ミレーの「落ち穂拾い」です。

聖書の教えに従い、収穫した畑に、貧しい人が残った穂を拾い集め、ギリギリの生活をしていた事が描かれています。

P1170582.jpg



マネの「笛を吹く少年」です。

オルセー美術館所蔵です。

P1170586.jpg



マネの「草上の食卓」です。

オルセー美術館所蔵です。

P1170584.jpg



ルノワールの「田舎のダンス」です。

オルセー美術館所蔵で、「都会のダンス」もあります。

洗練と素朴の違いなんでしょうかね。

P1170588.jpg



ルノワールの「都会のダンス」です。

P1170590.jpg



モネの「日傘の女」です。

映画「風立ちぬ」のポスターは、同じ構図ですよね。

P1170592.jpg



ドガの「ダンスの教室」です。

ずーーとオルセー美術館所蔵が続いています。

P1170594.jpg



ドガの「舞台の踊り子」です。

オルセーですね。

P1170596.jpg



スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」です。

シカゴ美術館所蔵です。

P1170598.jpg



スーラの「アニエールの水浴」です。

ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵です。

P1170600.jpg



ゴヤの「裸のマハ」です。

プラド美術館所蔵です。

P1170602.jpg



そして、同じゴヤの「着衣のマハ」です。

P1170604.jpg



次は、ゴヤの家の黒い絵から始めます。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





大塚国際美術館  「最後の晩餐からモナ・リザ」

こんにちは。

P1170526.jpg


レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」です。

上が修復後、下が修復前です。

違いが分かりますか?

P1170523_20170102231952c26.jpg



大塚国際美術館、今日を含めてあと・・・・3回も書かせて下さいませ。

飽きちゃうわよねぇ~~~~すみません。




とっても有名なレオナルド・ダ・ビンチ「の「最後の審判」

映画「ダ・ヴィンチ・コード」の題材にもなりましたよね。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院所蔵です。

こちらは、修復前です。

P1170528.jpg



こちらが修復後です。

口が少し開いていますよね。

そして、イエスの額には消失点の穴が開いています。(分かるかな?)

この点に釘を刺して糸で線を引き、一点透視図法にて描かれています。

P1170527.jpg



描かれた当時は、食堂の壁画として、床から2mの高さから上に描かれていました。

一点透視図法を用いて部屋の様子が立体的に描かれています。

見る場所により、変って見えますよ。

P1170524_201701022324080df.jpg



広がり方が違って見えるでしょう!!

P1170525_20170102232407d1b.jpg



こちらを見て・・・

P1170533_20170102232406d4c.jpg



レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」です。

パリのルーヴル美術館で2回見ました。

P1170536_201701022324069fe.jpg



レンブラントの「ダナエ」です。

P1170542_20170103000047a2f.jpg



レンブラントの「夜警」です。

P1170544_20170103000046f67.jpg



スネイデルスの「静物」です。

P1170546_20170103000029713.jpg



あの礼拝堂を、こんな位置から見てみました。

P1170548.jpg



ベラスケスの「女官たち」です。

P1170551.jpg



ロラン・クロードの「夕日の港」です。

P1170553.jpg



リゴーの「ルイ14世の肖像」です。

P1170555.jpg



リュベンスの「キリスト昇架」です。

P1170558.jpg



では、まだ続きます。

全てが、陶板画だなんて、やはり不思議でございます。







最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





大塚国際美術館  「ルネサンス系統 受胎告知からヴィーナス色々」

こんにちは。

P1170473.jpg



まだ暫くは、大塚国際美術館の記事が続きます。

いっぱい写真を撮ってきましたので、ご容赦願います。

日記と言う名の旅ログ備忘録ですので・・・・



この上の1枚は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」です。

フィレンツェの美術館所蔵です。

幾何学的遠近法による空間、マリア様は黄金の布をお腹に巻いています。

純潔の意味だそうですね。




では、「受胎告知」を始めましょう。

P1170465.jpg



P1170466.jpg



ピエロ・デッラ・フランチェスカの「受胎告知」です。

P1170467.jpg



アンジェリコ、フラの「受胎告知」です。

P1170470.jpg



P1170472.jpg



マルティーニの「受胎告知と二聖人」です。

右側は聖女マルガレータ、左側は聖アンサヌスです。

P1170479.jpg



ラファエロの「アテネの学堂」です。

この絵に描かれている人々は有名な古代ギリシアの哲学者たちです。

P1170483.jpg



同じくラファエロの「聖体の論議」です。

P1170485.jpg



ラファエロの「小椅子の聖母」です。

P1170486a.jpg




P1170488.jpg



ラファエロの「美しき女庭師(聖母子と幼児聖ヨハネ)」です。

P1170492.jpg



サンドロ・ボッティチェッリ の「ヴィーナスの誕生」です。

P1170494.jpg



サンドロ・ボッティチェッリの「春 ( ラ・プリマヴェーラ)」です。

P1170499.jpg



ジョルジョーネとティツィアーノの「眠れるヴィーナス」です。

P1170501.jpg



ハインツ・ヨーゼフの「眠れるヴィーナス」です。

P1170503.jpg



ティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」です。

P1170505.jpg



ティツィアーノの「天上の愛と地上の愛 (聖愛と俗愛)」です。

P1170509.jpg



「化粧する貴婦人」です。

P1170513.jpg



アンテーニャの「聖セバスティアヌス」です。

P1170515.jpg



ギルランダイオの「ジョヴァンナ・トルナブオーニの肖像」です。

P1170517.jpg



ハンス・ホルバインの「大使たち」です。

ロンドンのナショナル・ギャラリーで観ましたよ。

P1170519.jpg



まだまだ続きます。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





大塚国際美術館  スクロヴェーニ礼拝堂からモネの大睡蓮  

こんにちは。

P1170432.jpg



本日も、大塚国際美術館。

なんせ、世界の美術館190以上の至宝の名画1000余点もあるのですから・・・・

まだ続きますよ~~~


では、一枚目の北イタリアのスクロヴェーニ礼拝堂から。

P1170433.jpg



有名なフレスコ画だそうです。

まだ、イタリアに行った事がないので・・・・

P1170435.jpg



私的には、この絵が好きですが・・・・・・・・・・・・・

P1170436.jpg



「最後の審判」の絵が描かれています。

P1170437.jpg



受胎告知と聖母マリアの慈愛に捧げられており、ジョットのフレスコ画は聖母マリアの生涯を描き、

人類の救済におけるマリアが果たす役割を祝福するものになっているそうです。

P1170438.jpg



トルコのカッパドキアにある「聖テオドール聖堂壁画」です。

P1170441.jpg



カッパドキアに行った事がありますが・・・知らなかった~~~

P1170442.jpg



P1170443.jpg



十字架周囲にある飾り文字の碑文から、ここは10世紀の前半に聖テオドロスに捧げられた聖堂だそうです。

P1170444.jpg



「龍を退治する大天使ミカエル」を見まして・・・

P1170445.jpg



この絵も見まして・・・

P1170447.jpg



体力切れです。

地下2階のCafe de Givernyにて休憩で~~~~す♪

P1170454.jpg



P1170449.jpg



P1170451.jpg



さて、私は何を頂いたのでしょうか????

間違っても、一人で全てを頂いたワケではございません。

P1170453.jpg



ゆっくりと頂いた後は、ここへときました。

いや~~~~パリで観た方が・・・・・・

P1170456.jpg



かろうじて、スイレンが咲いておりましたよ~~~

P1170459.jpg



P1170461.jpg


はい!!  

モネの大睡蓮でした~~~

P1170463.jpg



すみません。

まだ、続きます。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





大塚国際美術館 「フェルメール  エル・グレコ~古代」

こんにちは。

P1170360.jpg



三が日も過ぎまして、芸術を愉しみましょう!!!




フェルメールのお部屋から。

昨年だったか、一昨年だったか・・・・日本にこの絵が展示されてましたね。

長蛇の列に並んで、鑑賞したものでした。

それも、近くにも寄れずに・・・・マウリッツハイス美術館所蔵です。

フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女 (青いターバンの少女)」です。



大塚国際美術館での写真撮影は、フラッシュを控え、三脚等固定器具を使わなければ良いのですが・・・・

もっと重要な「お願い」がございます。

作品のみの撮影は禁止となっています。

ただ、他のお客さんを見ると・・・作品だけを撮ってらっしゃいます。

だからと言って・・・・・

掲載してある写真は、人を入れて撮ってあります。

ただし、トリミングをして一部分を掲載用にしました。

これもいけないのか・・・・・どうなのか・・・・


フェルメールの「デルフトの眺望」です。

P1170362.jpg



同じくフェルメールの「牛乳を注ぐ女」です。

P1170364.jpg



次は、エル・グレコのお部屋です。

正面には立派な「エル・グレコの大祭壇衝立画復元」です。

ナポレオン戦争で破壊されたものの復元だそうです。

P1170371_20161222193705fec.jpg




この両サイドの絵画を・・・エルグレコの「三位一体」です。

プラド美術館所蔵です。

P1170366_20161222193706b1a.jpg



同じく、「聖アンドレと聖フランチェスコ」です。

P1170368_201612221937054eb.jpg



同じく、「オルガス伯爵の埋葬」

サント・トメ聖堂所蔵です。

P1170372_20161222193704b87.jpg



同じく、「聖マウリティウスの殉教」

エル・エスコリアル美術館所蔵です。

P1170374_20161222193704045.jpg



秘儀の間へと参ります。

第二次ポエニ戦争後のポンペイの壁画です。

P1170381.jpg



鮮やかなポンペイの赤が有名です。

P1170382.jpg



ポンペイの「貝殻のヴィーナス」です。

P1170386.jpg



P1170387.jpg



「鳥占いの師の墓」だそうです。

P1170390.jpg



聖マルタン聖堂です。

フランスにある大聖堂だそうです。

P1170393.jpg



ロマネスク壁画だそうです。

P1170395.jpg



P1170397.jpg



聖ニコラ オルファノス聖堂です。

マケドニアの首都テサロニキの聖堂です。

P1170401.jpg



P1170403.jpg



P1170405.jpg




こんなスポットがございました。

記念撮影を・・・・

P1170406.jpg



古代系統のお部屋へ・・・・

P1170409.jpg



P1170411.jpg



P1170421.jpg



P1170426.jpg



P1170428.jpg



超有名な絵画は分かりますが・・・・・聖堂も絵画も・・・・・・・・分からない物ばかりでして・・・

いいお勉強をさせて頂きました。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
コメントありがとうございます♪
ヒツジのカウンター
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
モラタメ
JAL
JAL 日本航空 特便割引 JAL日本航空 JMB入会   JAL 国内線      
ちょっと一休み