「八」の字が「双鳩」の御朱印 「石清水八幡宮 頓宮殿」

こんにちは。

P1180324_2017081416510593e.jpg



上の写真は、一ノ鳥居の扁額です。

「八」の字は、八幡大神様の神使である鳩が一対向かい合い顔だけを外に向けた独特のデザインとなっています。




岩清水八幡宮の頓宮へとやってきました。

P1180327.jpg



一ノ鳥居です。

表参道入口に立つ、石清水八幡宮の山麓の顔「一ノ鳥居」は、高さ約9m、最大幅約11mの花崗岩製です。

P1180323.jpg



放生池です。

P1180328.jpg



もう夕方ですので、ハスは蕾みですね。

P1180330.jpg



こんなハスが咲くようです。

P1180331_201708141650408e2.jpg



筒井です。

P1180332.jpg



この山門をくぐり・・・

P1180333_20170814165038527.jpg



P1180334.jpg



境内へとやってきました。

P1180335_20170814165036250.jpg



頓宮殿です。

年に一度、勅祭石清水祭において山上の御本殿より御神霊が御遷しされる頓宮殿は重儀が斎行される重要な社殿です。

P1180336_20170814165036403.jpg



P1180338.jpg



アップして・・・

P1180339_201708141705171ab.jpg



山門です。

この南門は、もと山上の南総門であったものを昭和14年に移築してきたものであり、

頓宮殿と同様「平成の大修造」事業において桧皮葺屋根から銅板葺屋根に葺き替えられました。

P1180340.jpg




そして・・・おまけに昼食を掲載します♪

団体レストラン 「きょうと 和み館」の2Fで頂きました。

P1180186.jpg



P1180187_20170814170514a1a.jpg



1Fには、売店もございますので・・・

P1180190_20170814170513fd4.jpg



P1180191.jpg



飲みたかったなぁ~~~

P1180193.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






「八」の字が「双鳩」の御朱印 「国宝 石清水八幡宮」

こんにちは。

P1180360_2017081413521254a.jpg



岩清水八幡宮は、日本三大八幡宮のひとつで、京都府八幡市の男山の山頂にございます。

男山は、木津川・宇治川・桂川の三川が合流し淀川となる地点を挟んで天王山と対峙する位置します。

男山は都からみて裏鬼門(南西の方角)に位置し、

鬼門(北東の方角)に位置する比叡山延暦寺とともに都の守護、国家鎮護の社として篤い崇敬を受けてきました。

そして、厄除け開運の神様として親しまれております。




少しでも楽な行程をと思い・・・・ロープウェイを利用しました。

集合場所にて車を降り・・・・ロープウェイ駅まで炎天下を歩きます。

岩清水マップ歩いた道



ロープウェイに乗ってる時が、一番良かったと思えてしまうわよ~~~

乗った時には、地図を見ていなくて・・・・降りる駅は八幡宮近くと思ってたのに・・・・

P1180255_20170814143337f96.jpg



トンネルでロープウェイがすれ違います。

P1180261.jpg



所要時間約3分で男山山麓-山上をつなぐ男山ケーブルです。

P1180263.jpg



ロープウェイの中は、自然の風。

景色も良かったのですが・・・・ちなみに往復400円です。

鉄道の中程には、ケーブルカーの鉄橋としては日本一の橋脚(約50m)があり、

車窓から途方を望めば、眼下に木津川・宇治川を擁した南山城平野が一望できます。

Collage_Fotor6_2017081414333573f.jpg



降りて、すぐにこの地図見て・・・・・ええええぇぇぇ~~~

こんなに歩くの????

P1180266_20170814143334e8c.jpg



このような野鳥がいるはずですが・・・息切れが激しくて・・・・

P1180267_20170814143333122.jpg



上左の三女神社を通り、上右の供御井を見て・・・・

最後の階段(下左)を上り・・・・参道へとやって参りました~~~フー!!!

Collage_Fotor1_20170814144644eb6.jpg



手水舎で清めて・・・

P1180273.jpg



お清めの酒樽も見て・・・

P1180274.jpg



南総門まで来ました。

右端に見える木は、「カヤの木」で樹齢700年以上、根周り7m、樹高約20m、樹冠30mの巨樹です。

P1180277_20170814145205b1c.jpg



山上、社殿前にそびえる壮大な南総門から社殿を見ると、社殿が少し西側を向いていることが分かります。

これは、御神前にて参拝したのち帰る際に、

八幡大神様に対して真正面に背を向けないよう中心を外しているといわれています。

P1180275_20170814145206e76.jpg



総門をくぐって・・・目の前が、本殿です~~~

P1180278_201708141452055df.jpg



左手には、神楽殿がございました。

P1180279.jpg



右手がコチラです。

P1180280_20170814145832508.jpg



御朱印、おみくじ等の授与所です。

P1180281.jpg



八幡造り御本殿です。

国家鎮護の社として都の裏鬼門に位置する男山山上に御鎮座されてより1150年以上の間、

時の為政者を始め、幾多の人々の祈りが捧げられてきました。

P1180283_20170814145830581.jpg



御本殿から幣殿・舞殿・楼門と続き、その周囲を約180mに及ぶ廻廊が囲む社殿の建造物全てが丹漆塗で、

御本殿を囲む瑞籬(みずがき)の欄間彫刻をはじめ随所に当時の名工の極彩色彫刻が施された極めて壮麗な社殿であり、

平成28年2月9日に本社10棟と附(つけたり)棟札3枚が国宝に指定されました。

P1180284_20170814145830fb3.jpg



社殿の顔である楼門の正面には、蟇股部分に一対の向かい合う鳩の錺金具(かざりかなぐ)があり、

よく見ると向かって右側の鳩は少し口を開けています。

P1180288_20170814145808196.jpg



神使である鳩が社殿の正面にて狛犬と同様に阿吽の呼吸で御神前をお守りしています、

P1180287_2017081414580864c.jpg



極彩色の壮麗な龍虎の欄間彫刻が施されています。

南に朱雀、東に青龍、西に白虎、北に玄武という四方を守護する四神(神獣)の関係から考えると、

当宮の龍虎の彫刻は東に虎、西に龍の彫刻が配置されているそうです。(見なかった~~)

P1180285_20170814145810e5d.jpg



P1180286.jpg



P1180289_20170814145807e18.jpg



P1180294.jpg



灯籠の紋は、流れ左三つ巴紋です。

岩清水八幡宮の神紋ですが、社の中に1つだけ右巴があるそうです。

間違いの箇所を造ることにより、まだその社殿が未完成であり、

益々の発展を遂げるという願いと縁起が込められているとされています。

Collage_Fotor5_201708141520018b8.jpg



御本殿は国宝なんですね。

P1180295.jpg



屋根をアップして・・・・

P1180296_2017081415291971b.jpg



P1180297.jpg



本殿の右手に回って見ると・・・

P1180298.jpg



本殿への昇降口がございました。

P1180299_20170814152916e16.jpg



キャプチャ1



奥へと行ってみますと・・・

上左は若宮社と若宮殿社で、上右は若宮殿社のアップです。

下左は若宮社で、下右は東総門です。

下左の写真の左端の塀は、鬼門封じのために角を削っております。

Collage_Fotor_201708141534595c0.jpg



上左は大きい方が水若宮社、小さい方は氣比社です。

上右は、若宮社のアップです。

下左は貴船社と龍田社で、下右は信長塀です。

Collage_Fotor2_20170814153458f3f.jpg



上左は、北総門で、上右は住吉社と一童社です。

下左が住吉社のアップ、下右が一童社です。

Collage_Fotor3_201708141534577a7.jpg



上左が校倉で、上右は境内です。

下左が、左から廣田社、生田社、長田社です。

下右は、西総門です。

Collage_Fotor4_20170814153456f21.jpg



南総門へ戻り・・・

P1180320_20170814153456aae.jpg



ここまでやって参りました。

また、ロープウェイ駅まで歩いて行かねばなりません。

P1180321.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ