四国八十八ヶ所霊場めぐり  23番札所 薬王寺

こんにちは。



「四国八十八ヶ所霊場めぐり  23番札所 医王山 無量寿院  薬王寺」

        皆人の病みぬる年の薬王寺  
               瑠璃の薬をあたえましませ




「発心の道場」といわれる阿波最後の霊場です。

高野山真言宗の別格本山でもあります。

弘法大師が42歳のとき自分と衆生の厄除けを祈願して一刀三礼し、

厄除薬師如来坐像を彫造して本尊とされ、厄除けの根本祈願寺としたそうです。

文治四年(1188)、火災で諸堂を焼失しているが、このとき厄除け本尊は、光を放ちながら飛び去り、

奥の院・玉厨子山に自ら避難したそうです。

のちに嵯峨天皇が伽藍を再建して新しい薬師如来像を開眼供養すると、

避難していた本尊が再び光を放って戻り、後ろ向きに厨子に入られたと伝えられています。

以来、「後ろ向き薬師」として秘仏にされています。




三門です。

23番1




23番2   23番3



本堂です。     ご本尊は薬師如来です。 「後向き薬師」と共に二体あります。

ただここまで到達するまでには、、「女厄坂」といわれる33段、続く急勾配の石段「男厄坂」が42段で、

さらに本堂から「瑜祇塔」までは男女の「還暦厄坂」と呼ばれる61段からなっています。

各石段の下には『薬師本願経』の経文が書かれた小石が埋め込まれているのです。

息切れしながら、登っていたので写真はありません。

23番4



大師堂です。

23番5



頑張って、これだけの階段を登ってきましたので、景色は抜群でした。

23番8



ズームしてみました。  日和佐城です。

23番6




23番7



鐘楼堂です。

23番9



瑜祇塔(ゆぎとう)です。    高さ29メートルの楼閣。

上方が四角、下方が円筒形で一重の塔。天と地の和合を説く『瑜祇経』の教えに基づき、屋根に五柱の相輪です。

23番10



こちらで、お茶とお菓子の接待を受けまして・・・有難いことです。

23番11



開創1200年記念 御開帳   本坊特別内拝です。

しっかりと説明をしていただきながら、虎の間、角の間、方丈前、上段の間、

枯山水の庭園等秘物を拝観させていただきました。

23番12




23番札所 薬王寺を1時間30分でお参りを致しまして本日のホテルへ行きます。

ホテルは、リビエラししくいです。

つづく・・・・・・・



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛




プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
コメントありがとうございます♪
ヒツジのカウンター
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
モラタメ
JAL
JAL 日本航空 特便割引 JAL日本航空 JMB入会   JAL 国内線      
エクスペディア
かしこい旅、エクスペディア
  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
ホテル最低価格保証 自由テキストリンク
ちょっと一休み