四国八十八ヶ所霊場めぐり  47番札所 八坂寺

こんにちは。



「四国八十八ヶ所霊場めぐり  47番札所 熊野山 妙見院 八坂寺」
        
            花を見て歌詠む人は八坂寺  

                   三仏じょうの縁 とこそきけ


浄瑠璃寺から北へ約1キロと近い八坂寺との間は、田園のゆるやかな曲がり道をたどる遍路道「四国のみち」です。

遍路の元祖といわれる右衛門三郎の伝説との縁も深いそうです。

修験道の開祖・役行者小角が開基と伝えられるから、1,300年の歴史を有する古い寺です。

寺は山の中腹にあり、、8ヶ所の坂道を切り開いて創建したことから寺名とし、

また、ますます栄える「いやさか(八坂)」にも由来するそうです。



三門です。  屋根付き橋のようになった単層小型の門です。

P1080882aa.jpg



この三門の天井には、このような絵が・・・・天女様でしょうか。

P1080884a.jpg



納経所です。  立派ですね。

P1080886a.jpg



かわいいお地蔵様です。

P1080887a.jpg   P1080888a.jpg



手水舎です。

P1080889a.jpg



階段を登り・・・・

P1080890aa.jpg



鐘楼です。

P1080893aa.jpg



「お遍路の誰もが持てる不仕合 (おへんろのだれもがもてるふしあわせ)」と書かれています。

作者の白象様は、昭和55年、高野山真言宗管長第406世座主に就任されております。

P1080895a.jpg



本堂です。   ご本尊様は阿弥陀如来です。

ご本尊様は、昨年1200年記念で開帳され、次回は2034年だそうです。

P1080896aa.jpg



大師堂です。

P1080898a.jpg



閻魔堂です。

極楽の途、地獄の途に分れそれぞれの様子が描かれています。

P1080899.jpg



では、「地獄の途」から行きましょう!!  地獄から入らないといけないようです。

P1080901a.jpg



トンネルの外壁にはこのような絵が・・・

P1080908a.jpg



では、中に入って見ましょう。   こんな絵が両サイドに描かれております。

P1080902a.jpg



太陽光が入るため、急いで通り抜けないといけないので、ブレブレですが・・・これぐらいで良いかも・・・

餓鬼道、畜生道、修羅道などが描かれています。

P1080905a.jpg



次に、「極楽の途」へ入りましょう!!

P1080907a.jpg



中の絵は、コチラです。   極楽浄土の絵ですね。

これで、私も極楽浄土に行けるみたいです。

P1080909a.jpg



「念ずれば 花ひらく」とかかれてる句碑です。

P1080913a.jpg



権現堂です。

P1080914a.jpg



また、かわいいお地蔵様がいらっしゃいました。

P1080916a.jpg



また、山門の天女の絵の下をくぐって・・・

P1080917a.jpg



では、次は、46番札所へ・・・・続きま~~~~す♪



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛



モラタメ★井村屋 やわもちアイス(白桃シャーベット)24個をお試し♪

モラタメさん、井村屋さん、ありがとうございました。


今回は、送料手数料1,700円にてお試しをさせていただきました。


「やわもちアイス(白桃シャーベット)24個」


24個もどうやって冷凍庫に入れましょうか???



お試しさせて頂けお品はコチラです。

井村屋



お品の説明はコチラからね。

井村屋2



他にも、こんなフレーバーがあるのよ♪

つぶあんミルクも抹茶つぶあんもお味見したい気分ですが・・・・

井村屋3



届いたら、すぐに冷凍庫へ・・・大きな箱で届きました。  24個ですから。

って、冷凍庫に汚れが・・・・・掃除しないと・・・・(汗)

P1000602a.jpg



でも、1個お味見しないとね♪

おもちは、口の中でトロ~~~と蕩けていくわね。

上に乗ってる白桃あんが、とっても美味しくて好きだわね♪

下の白い白桃シャーベットは、口当たりはやわらかくて、こちらも美味しいです。

ただ、白桃の果肉が入ってるのですが、少なくてあまり感じなかったわよ。

P1000603a.jpg



あと23個、皆さんでシェアして、楽しもうと思います。

ちょうど、量もデザートには良いかと思います。

あっさり系のアイス、一応「氷果」となって果肉は8%含まれております。

カロリーは・・・・・・192kcal

たまには、良いわよねぇ~~~~




神奈川県 「葉山 旭屋牛肉店」へ行ってきました♪

こんにちは。


今回は、かつて石原裕次郎も大好物だったという逸話で有名な 

葉山旭屋牛肉店の「葉山コロッケ」

デパートの催事場などでも時々見かかけることもありますよね。


「葉山コロッケ」とは“厳選された国産の牛肉・豚肉を玉ねぎと一緒に炒め上げ、

上質のジャガイモを混ぜ合わせて”作ったコロッケで、昔懐かしいような優しいお味のコロッケです。



コチラがお店です。

駐車場はとっても少ないので・・・・・

P1000476a.jpg



駐車場はこの建物の前の・・・確か4台ぐらいだったかしら??

P1000478aa.jpg



こちらが「ウワサの葉山コロッケです。

「葉山コロッケ 75円」はジャガイモに北海道産男爵を使っていて、

「コロッケ 55円」は男爵ではない、マッシュポテトを使っているそうです。

両方とも懐かしいお味のコロッケですが、もう1個食べても良いよと言われたら・・・お値段の高い「葉山コロッケ」ね♪

P1000479a.jpg



そして、ここには、このような「皮パン」なるものも売られております。

コロッケをお買い上げしたら、私、必ずコチラもお買い上げしますよ~~~

P1000480.jpg



では、商品を・・・・このコロッケと・・・・・

P1000484a.jpg



この皮パンとで・・・・・・5個入り 330円です。

P1000485a.jpg



出来上がりです。

P1000487a.jpg



いかがでしたか??

葉山へ行かれた際には、どうぞお立ち寄りしてみてくださいませね。


ご馳走様でした♪♪♪



最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



四国八十八ヶ所霊場めぐり  45番札所 岩屋寺 その2

こんにちは。


こんにちは。


「四国八十八ヶ所霊場めぐり  45番札所 海岸山 岩屋寺 その2」

          大聖のいのる力のげに岩屋
 
                  石のなかにも極楽ぞある



では、長い苦しかった参道を登り、お参りです。

鐘楼です。

P1080813a.jpg



本堂右上の岩壁です。

岩そのものは凝灰岩だがこれが五十あまりそれぞれ空にそびえ、山容は奇怪そのものでした。

いずれも名称があり本堂左右の岩山は胎蔵界峰、金剛界峰とよばれているそうです。

P1080814a.jpg



水子地蔵尊です。

P1080816a.jpg



手水舎です。

P1080817a.jpg



コチラは・・・大師の掘ったといわれる井戸があり、この洞中にお参りすることを"穴禅定"と言います。

P1080818a.jpg



説明書です。

中は真っ暗で、ろうそくの灯りだけを頼りに・・・・井戸のお水を飲みお参りが出来ました。

P1080819a.jpg



本堂です。   ご本尊様は不動明王です。

P1080825a.jpg



本堂の右手には、このようなハシゴがございます。

梯子の上には10畳ほどの大きさの板間があり、仏像が祀られているそうです。

昔は、山の中ですから、夜、獣から守るために、この梯子を登り修行をしていたそうです。

P1080827a.jpg



大師堂です。  国の重要文化財で、西洋建築様式を取り入れた大師堂の拝殿です。

P1080828a.jpg



奥の院への風格のある楼門をくぐり山を入っていくと、奥之院に行けます。

三十六童子行場、逼割禅定(せりわりぜんじょう)・鎖禅定がある奥の院に至ります。

頂上には、白山権現が祀られています。

この山全体には、七種類の霊鳥が住んでいたといわれ七鳥という地名が現在も残っています。

P1080829a.jpg



大師堂から、山を見てみます。

P1080830a.jpg



この岩壁は、仏像に似てませんか?

この山全体が、ご本尊なんでしょうね。

P1080831a.jpg



こんな形で、山に包まれて寄り添うように建物が建てられています。

P1080833a.jpg



そして、またごくらく橋を渡り・・・

P1080834a.jpg



途中にこのような祠を見つけました。

コケに包まれた石仏様が・・・・

P1080835a.jpg



岩屋寺は、とっても静寂につ疲れて、自然環境にも優れています。

高原のさわやかな風と空気が流れて、癒し効果のあるお寺さんでした。

もう一度、ゆっくりとお参りしたい気分でした。


では、次は、47番札所です。  46番ではなくて・・・・



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛



四国八十八ヶ所霊場めぐり  45番札所 岩屋寺 その1

こんにちは。


「四国八十八ヶ所霊場めぐり  45番札所 海岸山 岩屋寺」

          大聖のいのる力のげに岩屋
 
                  石のなかにも極楽ぞある



標高700m。奇峰が天を突き、巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇がたたずむ典型的な山岳霊場です。

神仙境をおもわせる境内は、むかしから修験者が修行の場としていたようで、さまざまな伝承が残されています。

弘法大師がこの霊地を訪ねた頃、土佐の女性が岩窟に籠るなどして、

法華三昧を成就、空中を自在に飛行できる神通力を身につけ、法華仙人と称していたと云われていました。



今回の巡拝での一番難所の岩屋寺、写真も多くて・・・2回に分けて記事を書かせて頂きます。

階段登ったりで、道中も長かったです。   一つの山がお寺さんなんですから!!!


では、「45番札所 岩屋寺 その1」

難所と言われていますので、ちと不安でした。

どんな参道が待ち受けてるのか分からず、行けるのだろうか・・・・・

P1080840a.jpg



このような道を多くの方が歩いていったのですね。

P1080793a.jpg



私もゆっくりと歩いて行きましょう♪  結構登り坂でヒーフーヒーフー言いながら・・・・

P1080839a.jpg



立派な三門です。

もう三門だから、本堂は近いのかしら?と思ってしまった私でした。  まだまだですよ~~~

P1080795a.jpg



このような石碑を見ながら・・・息切れが・・・・・運動不足です。

P1080797a.jpg



ずーーーーと階段が続きます。

山麓から600m急勾配の参道を登ります。

P1080798a.jpg



弘法大師様も見守って下さっております。  頑張りましょう!!

P1080799a.jpg



不動明王様です。

P1080838a.jpg



こんな木の根(?)も・・・

P1080803a.jpg



このような平坦の道はラクなんですがねぇ~~~でも山ですから・・・・

P1080804a.jpg



「極楽橋」でしょうか?

P1080806a.jpg



道中行倒れの遍路の墓もあるのです。

こちらのお地蔵様は・・・・・???

P1080807a.jpg



まだまだ階段が続きます。  息を切らしながら・・・・・

P1080808a.jpg



水子地蔵様かしら???

P1080810a.jpg



上を見上げましたら・・・・おおおおおぉぉぉーーーー建物が見えてきましたよ~~~

P1080811a.jpg



では、お参りは「その2」にて、続きま~~~~す。


最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛



四国八十八ヶ所霊場めぐり  44番札所 大寶寺

こんにちは。


「四国八十八ヶ所霊場めぐり  44番札所 菅生山 大覚院 大寶寺」

          今の世は大悲のめぐみ菅生山
 
                 ついには弥陀の誓いをぞまつ



本来の順番からだと、四十三番明石寺からの道のりは約80km、

峠越えの難所がつづき、歩けば20時間を超す「遍路ころがし」の霊場。  すごい道のりなんですね。

四国霊場八十八ヶ所のちょうど半分に当たり、「中札所」といわています。

境内は老樹が林立し、幽寂な空気が漂っています。

百済から来た聖僧が携えて来た十一面観世音菩薩を山中に安置したのが始まりで、

安芸から来た明神右京、隼人の兄弟の猟師がその観音像を見つけて草庵を建てて祀ったと云われております。



この日は寒くて、雨も・・・・傘を差しながら、皆さんに遅れまいと・・・・

今回は、多くの写真がブレブレでして・・・デジカメにも雨粒が・・・・・お許し下さいませ。

三門です。   入母屋造楼門です。

P1080848a.jpg



仁王様はお二人ですが・・・ブレがひどくて・・・一体だけしかお見せする事ができません。

P1080870a.jpg



もちろん、四国霊場ですから、階段は外せませんねぇ~~~

P1080849aa.jpg



手水舎です。

P1080852a.jpg




P1080853aa.jpg



階段を登り切った所に、鐘楼が左右に2個ございました。

左が古いもので右は太平洋戦争でなくなった地元の英霊を供養する平和の鐘です。

P1080855a.jpg   P1080856aa.jpg



本堂です。   ご本尊様は十一面観世音菩薩です。   

お線香の煙と雨で、写真が見にくいかと思います。

P1080857a.jpg



ちょっと向きを変えて・・・・本堂です。

P1080863aa.jpg



本堂の右側にブロンズの十一面観音立像が立ち、さらに右に大師堂があるのですが・・・・

P1080861a.jpg



大師堂が後ろの方に・・・・人も多くて近く過ぎて・・・色々理由をつけさせていただきます。

でも、ちゃんとお参りは致しましたよ。

P1080864aa.jpg



ここは、山の中、歩き遍路さんのためにも、しっかりとした道案内もございます。

P1080865a.jpg



では、町の中での昼食を・・・

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、朝食と昼食がさして時間の差がございません。

町から山の中のお寺さんまでの道中も長いのですが、このお寺さんのお参りの前に1ヵ寺をお参りしています。

では、こちらで郷土料理をいただきます。

P1080878a.jpg



レストラン(和風)の中を・・・・

P1080875a.jpg



P1080871a.jpg   P1080873a.jpg



では、次は、45番札所です。

続きま~~~~す。




最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛



四国八十八ヶ所霊場めぐり  道後温泉を散策しましょう♪

こんにちは。


道後温泉って言えば、こちらの建物ですよね♪

、「日本書紀」にも登場するわが国最古の温泉です。

道後温泉のシンボル「道後温泉本館」は、どっしりとした構えの本館上の振鷺閣(しんろかく)には伝説の白鷺を据え、

また毎朝6時に太鼓の音で開館を告げるなど、歴史ある温泉情緒をかもしだしています。

道後温泉



白鷺の伝説は、足に傷を負い苦しんでいた一羽の白鷺が岩間から噴出する温泉を見つけ、

毎日飛んできてその中に足を浸していたところ、傷は完全に癒えてしまい、元気に飛び去ったというものです。

これを見た人たちは大変不思議に思い、入浴してみると、爽快で疲労を回復することもでき、

また、病人もいつのまにか全快したことから、盛んに利用されるようになりました。

道後温泉2



アルカリ性単純泉の湯質は、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、湯治や美容に適しています。

聖徳太子から夏目漱石、正岡子規など多くの文人墨客が訪れ、源泉29本のうち、

現在でも19本が愛媛県に登録されています。



では、女5人で夜の道後温泉を散策してみましょう♪

ここまで、ホテルから徒歩3分ぐらいでしょうか。

ホテルで竹のカゴとタオル・石鹸を借りまして・・・・浴衣と丹前を着まして・・・・

P1080731aa.jpg



P1080736a.jpg



そして、このアーケード街をあっち見たり、こっち見たりして・・・・

P1080740aa.jpg


「椿の湯」なるものも見まして・・・

P1080742aa.jpg


いつものマンホールのフタを撮って・・・

P1080741a.jpg



こんなカワイイお人形さんに挨拶して・・・

P1080743a.jpg



さぁ!!ここは・・・・・

P1080754a.jpg



道後温泉駅で~~~す♪

P1080748aa.jpg



もちろん「坊ちゃん電車」も!!!

ライトアップされた坊ちゃん電車もいいわねぇ~~~

P1080751a.jpg



そして・・・・こんな灯篭を見て・・・・

P1080756a.jpg



無料の足湯を見て・・・・人が多すぎて私の座る隙間がなかったのよ~~~

P1080761.jpg



でーーーー隣のからくり時計を・・・・

暗くて、動くし・・・もっとステキな時計だったのですが・・・・・こんな写真しか・・・すみません。

P1080765a.jpg   P1080772a.jpg



また、このアーケード街へ戻りましょう!!

P1080779a.jpg



人力車に乗って帰りたかったのですが・・・・・体重オーバーで・・・そんなワケはございません(キッパリと)

P1080780a.jpg



やっぱり、観光地には「顔出しパネル」があるのねぇ~~~

勿論、私も顔を出して撮ってみました。  当然の事ながら・・・マドンナの方ですよ♪

P1080782a.jpg



カワイイお人形さんでしょう!!!   売り物ですからね。

P1080784a.jpg



今日の最後の写真は・・・なんかホッとするカワイイねこさんでした♪

P1080789a.jpg



では、次は、44番札所 大寶寺です。   続きま~~~~す。




最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛



四国八十八ヶ所霊場めぐり  道後温泉 ホテル椿館別館にて宿泊♪

こんにちは。


「四国八十八ヶ所霊場めぐり  道後温泉 ホテル椿館別館にて宿泊♪」


道後温泉は、今回で2回目なんです。

ホテルは違いましたけど・・・・・初めての時は、雪が降り始めて・・・・寒かった(汗)



では、「道後温泉 ホテル椿館別館」を・・

キャプチャ3


P1080792a.jpg



明治レトロな趣き漂う館内でして、マドンナ衣装と書生姿のスタッフがお出迎えとお見送りをしてくださいました。

P1080720a.jpg



ロビーも広いですね。

P1080721a.jpg



道後温泉ですから、大浴場は気になりますね。

ホテルHPからお借りいたしました。

キャプチャ


広々とした浴室と木々の自然な香りが、旅の疲れを温泉が流してくれますよ♪

ホテルの大浴場は、寝る前と朝に入らせていただきました。  気持ちいいわねぇ~~~~

キャプチャ2


では、お部屋に・・・・5人部屋です。

とっても清潔な感じの広い2間続きのお部屋です。

これでしたら、ゆったりと深い眠りに・・・・

P1080724a.jpg



女5名、これもまた楽しいひと時なんですよね。

P1080725a.jpg



夕食は、バイキング。

どちらかと言うと、歩き疲れてますので、据え膳の方が楽なんですが・・・

あたたかいものは、よりあたたかく。お寿司やステーキを目の前でお作りするコーナーもあり、目移りしてしまいます。

P1080727a.jpg



夕食を頂き・・・・お散歩に行かねばなりません。

P1080728a.jpg



ついでに、朝食もバイキングなんです。

P1080791a.jpg



では、次は・・・・道後温泉街を散策します。



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛



四国八十八ヶ所霊場めぐり  48番札所 西林寺

こんにちは。



「四国八十八ヶ所霊場めぐり  48番札所 清滝山 安養院 西林寺」

           弥陀仏の世界をたずね行きたくば

                   西の林の寺に詣れよ



寺の前に小川があり、きれいな水が流れています。門前にはまた正岡子規の句碑があるのです。

村では大旱魃で苦しんでおり、弘法大師は村人を救うために錫杖を突き、近くで清水の水脈を見つけたそうです。

寺の西南300mにある「杖の淵」はその遺跡とされ、水は涸れたことがなく土地を潤し、

昭和60年の「全国の名水百選」にも選ばれています。




このような案内図がありました。

P1080717a.jpg



正岡子規の句碑です。  暗すぎますね。

P1080715.jpg



P1080716a.jpg



洗心塔と三門(仁王門)です。

P1080719a.jpg



三門です。  入母屋造楼門の立派な門ですね。

P1080702aa.jpg



鐘楼です。

P1080704aa.jpg



本殿です。   ご本尊様は十一面観世音菩薩です。

P1080705aa.jpg



瓦も豪華です。

P1080709a.jpg



大師堂です。

P1080707a.jpg



水子地蔵さんですね。

P1080710a.jpg




弁天堂です。

P1080714a.jpg



六地蔵です。

P1080712.jpg



では、次は・・・・・道後温泉です。  続きま~~~~す。




最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛


「マーロウ 葉山店」へ行ってきました♪

こんにちは。


今回は、 「マーロウ 葉山店」 です。


マーロウのビーカープリンやアーモンドプードル100%パウンドケーキの専門店で2004年6月にオープン。

つつじの名所花の木公園、葉山御用邸、葉山近代美術館、一色海岸、森戸海岸も近くにあります。

湘南海岸、江の島もありますので、ある時期は渋滞しますので、時間の余裕を・・・



駐車場は、この建物の横です。  第2駐車場もありますが・・・・

急な勾配のある駐車場で、斜めに駐車するので難しいかな・・・

P1000475a.jpg



このマーロウのダンディーなお方が、ビーカーのシンボルマークなのよね。

P1000469a.jpg



まずは、入口から・・・・

P1000470a.jpg



お勧めは、コチラから・・・・

P1000472a.jpg



天気の良い日は、コチラでプリンを頂くのもいいわね♪

海を見ながら、心地良いわねぇ~~~~

P1000471a.jpg



今回は、レストラン利用じゃなくて・・・・プリンのお買い上げよ。

こんなにあると、何にするかしばらく考えておりました。

P1000473a.jpg



隣には・・・・・

P1000474a.jpg



でーーーーコチラをお買い上げ。

期間限定の「さくら」と「バナナ」も入れまして・・・・「オラフ」もありましたよ♪

P1000483a.jpg



私のは、こちらの「さくら」です。

季節感がいっぱいのプリンでしたが・・・・桜の葉が口の中に残り・・・・気になったわねぇ~~~

でも、桜の香りがいっぱいで、「春」を感じましたね。

P1000482a.jpg



次回は、レストランであの美味しいスパゲティーを頂きたいわね。


ご馳走様でした♪♪♪



最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございました。


プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
コメントありがとうございます♪
ヒツジのカウンター
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
モラタメ
JAL
JAL 日本航空 特便割引 JAL日本航空 JMB入会   JAL 国内線      
ちょっと一休み