モナコ公国 「F1レースのヘヤピンカーブを見に行こう♪」

こんにちは。

IMG_0463.jpg



モナコと言えば・・・F1!!!

あまり興味ない人でも「モナコGP」は知ってるような・・・

高級リゾート地として名高いモナコの公道を閉鎖して設営される市街地コースです。

「フェアモント・ヘアピン」

F1開催サーキット中でも最も半径の小さなコーナーで、追い越し禁止エリアです。

IMG_0512.jpg



グーグルさんに助けてもらいますと・・・

ヘアピンカーブ



では、旅行案内では記載されてなかった地区へと・・・・

参加人数7名、現地ガイドさんの融通、バス運転手さんの心遣い、添乗員さんの優しい決定によるものだと思います。

ただ、モナコモンテカルロの道路事情もありまして、バスが通ってはいけない所もあるようで・・・・レースの逆コースを・・・

IMG_0423.jpg



スタートグリットのラインでは・・・

ハーバーの前の道を走って行きます。

IMG_0428.jpg



おおおーーーこのラインは・・・

IMG_0430.jpg



本来は上の道を猛スピードで走って行くのですが・・・・我々は下の道へ・・・

IMG_0432.jpg



ここは、マシンが下ってくるのですが、バスは上って行きます。

IMG_0435.jpg



トンネルへと導かれて行きます。

IMG_0436.jpg



この目の前の建物は・・・・・デューク更家さんの・・・・・

IMG_0437.jpg



レースでも走ってるトンネル内です。

IMG_0438.jpg



でーーーこの建物の前で、バスから降りまして・・・

IMG_0444.jpg



こんな階段を上って行きます。

上から撮った写真なんで・・・・上ったのです。

IMG_0447.jpg



でーーー着いたのがコチラでした。

IMG_0450.jpg



ヘアピンカーブが目の前なんですよ~~~

「フェアモント・ヘアピン」です。

IMG_0452.jpg



IMG_0453.jpg



ヘアピンカーブの目の前にあるホテルです。

グランプリ時の料金は・・・・すごい金額ですし・・・・何日間も予約しないといけないらしい・・・・

IMG_0459.jpg



ヘアピンカーブを上から見たいので、こちらから行きます。

この左手には、SUNカジノがございます。

IMG_0460.jpg



IMG_0462.jpg



いや~~~~眺めが良いですねぇ~~~

地中海もキレイやわぁ~~~

IMG_0464.jpg



次は、グラン・カジノへ。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「公室御用達ショコラトリー・ド・モナコ 」 お買い物です♪

こんにちは。

IMG_0355.jpg



「公室御用達ショコラトリー・ド・モナコ 」です。

日本では買うことができない限定商品

ショコラトリー・ド・モナコのショコラで一番よく知られているのは、「王冠(Couronne クロンヌ)」で、

1995年にアルベール2世がモナコ大公に即位された際に作られるようになりました。

アールグレーに近い紅茶「モナコブレンド」というものもございました。




モナコの国章であり、大公家であるグリマルディ家の紋章です。

IMG_0357.jpg



IMG_0360.jpg



店先の看板ですが・・・

IMG_0361.jpg



IMG_0359.jpg



IMG_0419.jpg



IMG_0420.jpg



ではショッピングです。

お土産は、あまり買わないようにしてるのですが・・・・

日本で販売されてない物については・・・・

とっても高そうな立派なペーパーバッグです。

P1030926.jpg



「モナコブレンド」の紅茶も購入いたしました。

7.90ユーロです。

P1030927.jpg



チョコレートは色々な種類がございましたが・・・・やっぱりコレね。

P1030929.jpg



「王冠(Couronne クロンヌ)」です。

29.90ユーロです。

P1030930.jpg



2種類(ミルクとダーク)のお味のチョコレートです。

P1030931.jpg



P1030932.jpg



次は、F1レースの・・・・です。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「L AURORE」 ランチをいたしましょう♪

こんにちは。

IMG_0354.jpg



モナコ・ヴィル地区のレストラン「L AURORE」で頂きます。


ランチの時間までは自由行動でした。

集合場所が、このレストラン前と言う事です。

他にも、どこかの国の団体ツアーの方たちが大勢やって参りました。




交代式を見終えて集合場所へと参りましょう。

ここを通り・・・

IMG_0399.jpg



ここは、靴屋さんの前なのか・・・

IMG_0401.jpg



レストラン「L AURORE」に到着しまして・・・案内されます。

こんなテーブルを見て・・・

IMG_0404.jpg



奥へと通されました。

IMG_0405.jpg



こちらのテーブルへと案内されました。

IMG_0403.jpg



可愛いお皿よね。

IMG_0408.jpg



まずパンが運ばれてきました。

美味しいパンでした。

IMG_0410.jpg



次に、サラダがきました。

このサラダ、とっても大きな器にいっぱいなんです。

添乗員さんの心遣いで、サラダが山盛りで出てきたのです。

久しぶりの大盛りサラダで、美味しくて完食です。

IMG_0411.jpg



嬉しい配慮ですよね。

添乗員さんに感謝です♪

IMG_0414.jpg



お肉たっぷりのビーフシチューです。

ボケてますが・・・・

IMG_0415.jpg



このポテトが美味しくて・・・・いっぱい食べてしまいました~~

IMG_0416.jpg



デザートです。

IMG_0417.jpg



食べ終えまして、次はお買い物です。

この近くに、モナコ御用達のチョコレート屋さんがあるのです。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「モナコ大公宮殿広場と衛兵交代式」

こんにちは。

IMG_0376.jpg



11時55分に宮殿前の広場に行くと、衛兵交代を見ることができますので、それまで広場で遊びましょう。

モナコ大公宮殿は、山の高台にありまして、ハーバー一帯が見渡せます。

IMG_0344.jpg



モナコと言えば・・・・F1レース

ここからスタートするようですね。

IMG_0345.jpg



そして、レースは穴(ドーム)の空いた橋を上って・・・・トンネルへと走って行きます。

IMG_0346.jpg



IMG_0348.jpg



IMG_0350.jpg



広場には、このような像もございます。

IMG_0351.jpg



アップして・・・

IMG_0353.jpg



弾薬も・・・

IMG_0352.jpg



このような像もありましたが・・・Francois Grimald フランソワ・グリマルディです。

ジェノヴァ共和国の都市貴族グリマルディ家出身であり、現在のモナコ公家・グリマルディ家の始祖との事です。

IMG_0365.jpg



交代式まで時間もありますので、ウインドゥショッピングでも・・・

IMG_0362.jpg



IMG_0363.jpg



IMG_0364.jpg



では、そろそろ・・・折角ですから前方で交代式を見たいので早めに並びましょう。

IMG_0368.jpg



IMG_0369.jpg



IMG_0372.jpg



今回も、右手にデジカメで写真を撮り・・・・

左手にもデジカメ持って動画撮りをしておりました~~~

IMG_0378.jpg



IMG_0380.jpg



夏は服装が白色みたいですね。

IMG_0387.jpg



IMG_0389.jpg



次回旅行の衛兵交代式が見れるのは・・・・バッキンガム宮殿からかしら???

IMG_0393.jpg



次は、昼食です。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「モナコ大聖堂を見学しましょう♪」 そしてモナコ大公宮殿へ・・・

こんにちは。

モナコ1



地図見て分かるように、海洋博物館は崖っぷちに立っております。

そこから歩いて・・・・モナコ大聖堂の内部見学を致します。

真っ白な外観が美しいモナコ大聖堂。

1252年に建てられ、その後1875年に献堂されました。

教会は聖ニコラスに捧げられたことから別名、聖ニコラス大聖堂とも呼ばれています。

ここはモナコ大公レーニエ3世とその妻・グレース公妃は結婚式を挙げた地であり、現在では二人並んで埋葬されています。

IMG_0295.jpg



IMG_0305.jpg



内部見学を致しましょう。

いつものように歩きながら、写真撮ったら・・・正面の写真がすごいピンボケでして・・・・

IMG_0308.jpg



多くのモナコ王室の方たちが眠っております。

IMG_0310.jpg



グレース・ケリー王妃のお墓です。

今もなお、人々が花を捧げにやってくることから、多くの人々に愛されているのでしょうね。

カンヌ国際映画祭でモナコ大公レーニエ3世と出会い、この教会で結婚式を行い大公妃になりました。

1982年、 南仏の別荘からモナコへ戻る途中、急カーブのガードレールに激突し帰らぬ人となりました。

享年52歳でした。

IMG_0314.jpg



モナコ大公レーニエ3世とグレース王妃の結婚式の写真も飾られておりました。

IMG_0316.jpg



グレース王妃のお墓の隣に、モナコ大公レーニエ3世のお墓が仲良くございます。

IMG_0318.jpg



では、大聖堂の内部写真を・・・・

翼廊の右側にある1500年頃の祭壇画、素晴らしい祭壇と司教の玉座、白のカララ大理石等素晴らしいです。

IMG_0319.jpg



主祭壇です。

IMG_0321.jpg



ドームの壁画をアップしてみます。

IMG_0322.jpg



反対側には、パイプオルガンもございました。

IMG_0328.jpg



もちろんステンドグラスもいっぱいございましたよ。

IMG_0329.jpg



どなた様でしょうか???

IMG_0330.jpg



一応見学を急ぎばやにいたしまして・・・・・

外へとでます。

こちらの建物は「モナコ裁判所」です。

ルイ2世大公によってこの裁判所は1924年に竣工され、1930年5月に開所しています。

モナコの要塞にも使われている灰色の多孔性海洋石灰岩が使用されています。

IMG_0331.jpg



こんなお店を見ながら・・・

IMG_0332.jpg



可愛い建物を見ながら・・・

IMG_0333.jpg



モナコ大公宮殿のある広場へとやって参りました。

IMG_0335.jpg



1215年にジェノバ人が築いた要塞跡に建てられた大公宮殿です。

IMG_0337.jpg



IMG_0338.jpg



王宮の上に白い旗が立てられている時は大公は在室中であり、

立てられていない場合は、出張中で不在ということが目印とのことだそうです。

IMG_0341.jpg



IMG_0342.jpg



11時55分に宮殿前の広場に行くと、衛兵交代を見ることができますので・・・・あと少し待ちます。

IMG_0343.jpg



次は、宮殿広場からの景色と衛兵交代式です。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 モンテカルロ市街地へ行きましょう♪

こんにちは。

IMG_0271_201703212037171d6.jpg



紺碧の地中海を見ながら、世界で2番目に小さい国「モナコ公国」へとバスで向かいます。

立憲君主制の国でして、有名なのはF1、そして王妃グレース・ケリーでしょうかね。

でーーーー世界で一番小さい国はお分かりですよね。

ヴァチカンですよ~~~

お一人4席も使える余裕たっぷりのバスの旅でございます。





コートダジュールを少し行くと、すぐにモナコ公国に入ります。

IMG_0273_20170321203716196.jpg



この景色は・・・・F1好きな方なら分かるかしら?

IMG_0280_20170321203715080.jpg



あるビルのなかの駐車場でバスから降りて・・・・

エレベーターやらエスカレーターやらに乗り継いで・・・・・

いつの間にか山の上の方まで来たみたいです。

地中海に面したガケの上に作られた「モナコ海洋博物館&水族館」です。

IMG_0281_20170321203658310.jpg



海洋学者としても知られたモナコ大公・アルベール1世の命を受け、1910年に開館したそうです。

海のモチーフがいっぱいですね。

船首が見えますよね。

IMG_0282_20170321203657f88.jpg



たぶん、ここからの景色は絶対に良いんでしょうね。

断崖絶壁に建てられてるから・・・

すごい技術です。

IMG_0283_20170321203656fe3.jpg



地下が水族館、2階が海洋博物館だそうです。

IMG_0284_20170321203656c3f.jpg



このドア、クラゲさんがいっぱいですね。

IMG_0286_20170321203654d70.jpg



いっぱいでしょう!!!

IMG_0287_2017032121200000a.jpg



モナコプチ観光トレインで、モナコ一周はいかがかしら?

グランプリコースも走って行くようですよ。

IMG_0285_20170321203655f87.jpg



イエローサブマリンも見ながら・・・・

はい!!!

海洋博物館も水族館も見学せずに、通り過ぎただけなのです~~~~

館内が気になる方は、ほかの方の記事をお読みくださいませ。(私も読ませて頂いた一人です)

IMG_0288.jpg



モナコ公国の王女様のおうちだそうです。

とーーーー思います~~~

IMG_0290.jpg



IMG_0293.jpg



モナコ大聖堂に到着致しました。

IMG_0294.jpg



1875年に建てられたロマネスク・ビザンチン様式のカトリック教会であり、王妃グレース・ケリーが眠る大聖堂です。

IMG_0295.jpg



モナコ大公レーニエ三世とグレース妃が挙式した場所でもあります。

IMG_0297.jpg



ついアップしたくなります。

IMG_0299.jpg



IMG_0300.jpg



IMG_0302.jpg



挙式の様子の写真がございます。

IMG_0304.jpg



次は、モナコ大聖堂内の見学です。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






「焼肉や 大善」へ行ってきました♪

こんにちは。

P1030705.jpg



色々なブランド牛が食べる事が出来ると言う事で、「焼肉や 大善へ行ってきました。

考えると、もう霜降り肉の焼肉は1枚食べれば満足なほど脂に負けてしまいます。

大勢で食べれば大丈夫かな????

総勢7名、大小7名ですが・・・・・

久しぶりの焼肉です。



P1030738.jpg



P1030737.jpg



なんとハデな・・・・・・

P1030731.jpg



ハデなのは・・・・こちらもです~~~~

こんなお肉の塊が、どで~~~~んといくつも並んでおりました。

コレ一部だけなんですよ~~~

P1030733.jpg



焼肉やなのに・・・・・こんなショーウインドウまでもが・・・

P1030734.jpg



1個1800円・・・・・そう言えば先日1個3000円のも見たわね。

P1030735.jpg



気を取り直して・・・・ブランド牛は食べたくないわと心に決めて・・・・・

P1030699.jpg



まずは、キムチも盛り合わせ。

P1030703.jpg



そして、タン。

1枚目の写真は、3人前なんですよ~~~

歯ごたえあるし、美味しいです。

食べ終えた頃、タンサガリも・・・

P1030706.jpg



特選盛り合わせです。

お肉1切れが大きくて、テーブル備え付けのハサミで切りながら頂きます。

P1030709.jpg



赤身盛り。

このぐらいが、ちょうど良いよね。

もうお皿が大きくて、重いし・・・・お肉はこの2倍盛りだったかしら??

P1030714_20170321192024216.jpg



飛騨牛ガーリックライスです。

コレくらいなら・・・

P1030718.jpg



P1030720.jpg



一応メニューを・・・

P1030722.jpg



希少部位もございましたが・・・目もくれずに・・・

P1030723.jpg



こんな盛り合わせも・・・・100,000円って・・・・・一生知らないまま終わるんだろうな・・・

P1030724.jpg



「時価」って言うのが一番コワイ!!!

P1030725.jpg



超限定メニューの幻・・・・・食べてみたかったが・・・

P1030726_2017032119494970a.jpg



色々ありますねぇ~~~

P1030727_20170321194948416.jpg



日本昔話盛りって・・・・お茶碗に大盛りのご飯なのか・・・・・・・・

P1030728.jpg



焼肉やに、しゃぶしゃぶもすき焼きもあります。

P1030729_20170321194946c08.jpg



旬のフルーツパフェも良いかも・・・

P1030730.jpg



お肉は、カルビやレバーに色々と頼み、食べちゃいました~~~

写真も撮るのを忘れてしまいました~~~~

だって、脂も飛びますし・・・・

食べないと、無くなってしまいますし・・・・

食後のデザートは・・・・家に帰って、冷凍庫にあるアイスを頂きました~~~~






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






南フランスコートダジュール 「鷹の巣村 エズ」  聖母被昇天教会へ♪

ボン・ジュール

IMG_0231.jpg



「Church Notre-Dame-de l'Assomption 聖母被昇天教会」です。

18世紀に建てられ、建物のお色も黄色で目立ちます。

自由に見学も出来て、写真撮影も大丈夫でした。




教会のファサードの飾り窓が、変わった形です。

IMG_0232.jpg



中に入ってみます。

小さな鷹の巣村には、立派な教会でした。

IMG_0234.jpg



天井をアップしてみます。

IMG_0236.jpg



IMG_0237.jpg



IMG_0238.jpg



IMG_0239.jpg



IMG_0240.jpg



IMG_0241.jpg



教会前の広場からの景色です。

上ってきた道や駐車場が見えます。

IMG_0242.jpg



山の向こうは、モナコかしら?

IMG_0243.jpg



教会の山手(頂上)の方を見ますと・・・

上に見えるのは、エズ城の廃墟でしょうか?

IMG_0245.jpg



IMG_0246.jpg



ホテルの庭園の置き物??

IMG_0248.jpg



本当に崖っぷちに建てられておりますね。

IMG_0255.jpg



駐車場へと戻ってきました。

IMG_0262.jpg



右から教会があって、上はお城の廃墟に植物園、右には墓地があったような・・・

IMG_0263.jpg



バスが来るまで、スーパーの店先を・・・

IMG_0264.jpg



IMG_0265.jpg



バスに乗車して、最後にエズ村を捉えてみました。

IMG_0268.jpg



教会が目立ちますね。

IMG_0269.jpg



次は、モナコへ・・・メルシー





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






南フランスコートダジュール 「鷹の巣村 エズ」 散策その2

ボン・ジュール

IMG_0205.jpg



鷹の巣村エズの見どころは、地中海の景色と街並みかと思います。

エズは、コートダジュールの他の村と同じように、中心街に車は入る事が出来ません。

村の入り口には、駐車場がございますので、あとは・・・坂道を上って、下ってくる事になります。

迷路のような石畳の道ですが、南にある太陽に向かって作られた家は北と北西に背を向け、

特に冬の風から身を守ることができるようになっていますので、景色を見ながら下って行けば駐車場に戻れます。




こういう芸術的なものも展示されておりました。

IMG_0206.jpg



観光客のいない時期でも、良い雰囲気を持った街並みを堪能できますね。

IMG_0207.jpg



たまに、石畳には、このようなモザイクの石組がありました。

足つぼ用ではございません(笑)

IMG_0208.jpg



観光客用に開店してるお店は少ないですが、こんな感じであります。

IMG_0209.jpg



IMG_0210.jpg



ステキでしょう♪

IMG_0211.jpg



でーーーーーガイドさんの後ろをついていましたら、ココに着きました。

熱帯植物園です。

入場するかは、ここから自由行動ですので、個人の判断です。

IMG_0212.jpg



山の頂上にある「城の跡地」がございます。

頂上ですから、紺碧の地中海の景色も、もれなくついてございます。

IMG_0213.jpg



この地図の頂上部52番です。

下りて行くにも時間がかかりますし・・・・教会も見てみたいので、見学せずに次へ行く事にします。

IMG_0162.jpg



開店してないウインドウには、こんなカワイイ爪楊枝が・・・凶器になるかしらね。

IMG_0216.jpg



坂道を下っていきますと・・・・サクラかしら????

IMG_0221.jpg



アーモンドの花だそうです。

IMG_0219.jpg



エズ村の教会「Church Notre-Dame-de l'Assomption」が見えてきました。

IMG_0222.jpg



ちょっと鐘をアップしてみます。

IMG_0224.jpg



IMG_0225.jpg



コチラも可愛い置物でしょう!

IMG_0226.jpg



このアーチの格子戸をくぐって・・・

IMG_0227.jpg



このお方は???

IMG_0229.jpg



エズ村のMARIE(マリー)像です。

ジャン・フィリップ・リシャール作の女神像なのか・・・・

でも説明文には、「RICHARD」って書いてありますし・・・・・

IMG_0230.jpg



次も、エズ村からです。  メルシー






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






南フランスコートダジュール 「鷹の巣村 エズ」 散策その1

ボン・ジュール

IMG_0162.jpg



「コート・ダジュール (紺碧海岸)」

響きがとってもステキですよね。

風光明媚な保養地としての海岸沿いの地区でして、イタリアとの国境まで続きます。

地中海性気候で、とっても穏やかな過ごし易いヴァカンスに適した地区です。

そんな海岸沿いには、結構山が点在しており、山の上の方まで家が点在しております。

エズも、鷹の巣村の中の一つで、鷹が卵やヒナを守るため山や崖に作ったように名前が付けられています。




では、エズの散策その1を・・・・・って事は、まだまだ続くと言う事になります。

最初のトンネルをくぐって、中世へとタイムスリップです。

IMG_0173.jpg



鷲の巣村は鉄器時代の遺跡と云われていますので、ステキな看板とかいっぱいです。

IMG_0174.jpg



こんな窓枠もステキです。

IMG_0176.jpg



山の山頂までの迷路を行きますので、あっちこっちに分かれ道に階段、石畳もいっぱいです。

IMG_0175.jpg



ですから・・・・現地ガイドさんの後ろを、ずーーーーーと追いかけながらの観光となります。

IMG_0179.jpg



この周りには、現在普通に住んでいる人も居れば、レストラン、ショップ、ホテルもございます。

この赤い壺(花瓶)、落ちないのかしらね。

IMG_0181.jpg



2月はオフシーズンですから、静かな村で、オープンしてないお店もいっぱいあります。

シーズンになると、この狭い道を上り・・・・暑い中大変でしょうね。

IMG_0182.jpg



IMG_0183.jpg



いや~~~~足の長い方ですねぇ~~~

IMG_0185.jpg



ガイドさんが、とっても高級なホテルだと言っておりました。

IMG_0186.jpg



高そうなホテルのような・・・

「Chateau de la Chevre d’Or」 確か5つ星ホテルかと思います。

黄金の山羊が目印ね。

IMG_0188.jpg



ステキなドアもあります。

この奥は、地中海を見下ろす庭園かしら?

IMG_0190.jpg



居住空間です。

IMG_0193.jpg



この石畳は歩きやすいです。

このような狭い登り坂を歩きながら・・・

IMG_0194.jpg



明るく広がる場所へと・・・・・

IMG_0198.jpg



「Chateau Eza (シャトーエザ)」です。

ミシュランのレストランも併設されています。

IMG_0200.jpg



エズの中のホテルは、結構お値段がしますが・・・・雰囲気がとっても良いですね。

こんなホテルで、本でも読んでゆっくりできたら良いですね。

IMG_0202.jpg



また、ちょっと雰囲気の変わった風景になりました。

IMG_0204.jpg



まだ、続きます。  メルシー






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
コメントありがとうございます♪
ヒツジのカウンター
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
モラタメ
JAL
JAL 日本航空 特便割引 JAL日本航空 JMB入会   JAL 国内線      
エクスペディア
かしこい旅、エクスペディア
  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
ホテル最低価格保証 自由テキストリンク
ちょっと一休み