松阪市 「和田金」にてすき焼き♪ その1

こんにちは。

P1180390.jpg



年1~2回の楽しみ!!

昨年11月からの久しぶりの「和田金」で~~~す♪

三重県松阪市のグルメと言えば・・・・「松阪牛」

ちゃんと、仲居さんがずーーーーと作って下さる「すき焼き」!!!

美味しいんです♪

輪になって、炭火で温めた鉄鍋を囲むと、とっても楽しく幸せな気分になります。

「すき焼き」って日本のご馳走よね。

たまりの香ばしい香りが、食欲を誘い、仲居さんの丁寧な仕事に優しさを感じます。




では・・・・コチラが駐車場から撮った「和田金」です。

鉄筋コンクリート造りの建物なんです。

「牛銀」とは、ちょっと建物が違うわね。

「牛銀」のすき焼きコースは、こちらから見てね♪→  


P1180386.jpg



P1180388.jpg



1Fのエントランスです。

もちろん、予約して参りましたよ♪

P1180391.jpg



P1180392.jpg



いつも元気よく、礼儀正しく、気持ち良い接客をして下さる和田金のスタッフさんに迎えられ・・・・

エレベーターにて、3Fのお部屋に・・・

P1180393.jpg



個室でございます。

P1180394_20170817210344742.jpg



床の間には・・・

P1180397.jpg



掛け軸は・・・

P1180400.jpg



フカフカのおしぼりと美味しいお茶がセッティングされました。

P1180403_20170817210342a10.jpg



最初のお料理が運ばれてきました。

P1180404.jpg



かはり炙り焼きです。

ローストビーフ(?)とトマトとジュレかな?

P1180406_20170817215411744.jpg



ビールも飲みまして・・・

P1180409.jpg



上質な菊炭を用意して・・・

P1180410.jpg



和田金肉すましです。

P1180411.jpg



目の前で、おすましを作ってくれます。

P1180413.jpg



フタをして・・・15秒。

10秒もしないで開けて、ミディアムレアでいただきます。

P1180415.jpg



アップして・・・

P1180416.jpg



和田金三種盛りです。

P1180418.jpg



アップして・・・

季節のゼリーよせです。

P1180419.jpg



野菜のムースです。

もう1種類は・・・ボケて・・・志ぐれ煮です。

P1180420.jpg



そして・・・コチラが用意されました~~~

玉子は、お一人2個なんですね~~

P1180422_20170817220659c5e.jpg



南部鉄で出来た鉄鍋が、ほどよく温められて・・・

P1180424.jpg



お野菜も運ばれてきました。

P1180426.jpg



お肉様もやって参りました~~~

今回は、梅コースです。

梅は12200円/お一人様です。

P1180429_20170817220656d56.jpg



続きます。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






和泉式部と清少納言が極楽往生した 「誓願寺」

こんにちは。

P1180361_20170814171447085.jpg



京都市新京極にある浄土宗西山深草派 総本山  「誓願寺」。

誓願寺は飛鳥時代、天智天皇6年(667)、天皇の勅願により創建されました。

清少納言、和泉式部、秀吉の側室・松の丸殿が帰依したことにより、女人往生の寺として名高く、

また源信僧都は当寺にて善財講を修し、一遍上人も念仏賦算を行なわれました。

ご本尊は、阿弥陀如来です。




本堂入り口(西門)です。

観光地にある顔出し写真スポットもございました。

P1180195.jpg



清少納言と和泉式部そして、松の丸殿が極楽往生したお寺でもあります。

小さな祠は、北向地蔵尊です。

P1180224_2017081417144512c.jpg



手水舎です。

P1180226_201708141714436cf.jpg



本堂です。

鉄筋コンクリート造りです。

P1180225.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






「八」の字が「双鳩」の御朱印 「石清水八幡宮 頓宮殿」

こんにちは。

P1180324_2017081416510593e.jpg



上の写真は、一ノ鳥居の扁額です。

「八」の字は、八幡大神様の神使である鳩が一対向かい合い顔だけを外に向けた独特のデザインとなっています。




岩清水八幡宮の頓宮へとやってきました。

P1180327.jpg



一ノ鳥居です。

表参道入口に立つ、石清水八幡宮の山麓の顔「一ノ鳥居」は、高さ約9m、最大幅約11mの花崗岩製です。

P1180323.jpg



放生池です。

P1180328.jpg



もう夕方ですので、ハスは蕾みですね。

P1180330.jpg



こんなハスが咲くようです。

P1180331_201708141650408e2.jpg



筒井です。

P1180332.jpg



この山門をくぐり・・・

P1180333_20170814165038527.jpg



P1180334.jpg



境内へとやってきました。

P1180335_20170814165036250.jpg



頓宮殿です。

年に一度、勅祭石清水祭において山上の御本殿より御神霊が御遷しされる頓宮殿は重儀が斎行される重要な社殿です。

P1180336_20170814165036403.jpg



P1180338.jpg



アップして・・・

P1180339_201708141705171ab.jpg



山門です。

この南門は、もと山上の南総門であったものを昭和14年に移築してきたものであり、

頓宮殿と同様「平成の大修造」事業において桧皮葺屋根から銅板葺屋根に葺き替えられました。

P1180340.jpg




そして・・・おまけに昼食を掲載します♪

団体レストラン 「きょうと 和み館」の2Fで頂きました。

P1180186.jpg



P1180187_20170814170514a1a.jpg



1Fには、売店もございますので・・・

P1180190_20170814170513fd4.jpg



P1180191.jpg



飲みたかったなぁ~~~

P1180193.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






「八」の字が「双鳩」の御朱印 「国宝 石清水八幡宮」

こんにちは。

P1180360_2017081413521254a.jpg



岩清水八幡宮は、日本三大八幡宮のひとつで、京都府八幡市の男山の山頂にございます。

男山は、木津川・宇治川・桂川の三川が合流し淀川となる地点を挟んで天王山と対峙する位置します。

男山は都からみて裏鬼門(南西の方角)に位置し、

鬼門(北東の方角)に位置する比叡山延暦寺とともに都の守護、国家鎮護の社として篤い崇敬を受けてきました。

そして、厄除け開運の神様として親しまれております。




少しでも楽な行程をと思い・・・・ロープウェイを利用しました。

集合場所にて車を降り・・・・ロープウェイ駅まで炎天下を歩きます。

岩清水マップ歩いた道



ロープウェイに乗ってる時が、一番良かったと思えてしまうわよ~~~

乗った時には、地図を見ていなくて・・・・降りる駅は八幡宮近くと思ってたのに・・・・

P1180255_20170814143337f96.jpg



トンネルでロープウェイがすれ違います。

P1180261.jpg



所要時間約3分で男山山麓-山上をつなぐ男山ケーブルです。

P1180263.jpg



ロープウェイの中は、自然の風。

景色も良かったのですが・・・・ちなみに往復400円です。

鉄道の中程には、ケーブルカーの鉄橋としては日本一の橋脚(約50m)があり、

車窓から途方を望めば、眼下に木津川・宇治川を擁した南山城平野が一望できます。

Collage_Fotor6_2017081414333573f.jpg



降りて、すぐにこの地図見て・・・・・ええええぇぇぇ~~~

こんなに歩くの????

P1180266_20170814143334e8c.jpg



このような野鳥がいるはずですが・・・息切れが激しくて・・・・

P1180267_20170814143333122.jpg



上左の三女神社を通り、上右の供御井を見て・・・・

最後の階段(下左)を上り・・・・参道へとやって参りました~~~フー!!!

Collage_Fotor1_20170814144644eb6.jpg



手水舎で清めて・・・

P1180273.jpg



お清めの酒樽も見て・・・

P1180274.jpg



南総門まで来ました。

右端に見える木は、「カヤの木」で樹齢700年以上、根周り7m、樹高約20m、樹冠30mの巨樹です。

P1180277_20170814145205b1c.jpg



山上、社殿前にそびえる壮大な南総門から社殿を見ると、社殿が少し西側を向いていることが分かります。

これは、御神前にて参拝したのち帰る際に、

八幡大神様に対して真正面に背を向けないよう中心を外しているといわれています。

P1180275_20170814145206e76.jpg



総門をくぐって・・・目の前が、本殿です~~~

P1180278_201708141452055df.jpg



左手には、神楽殿がございました。

P1180279.jpg



右手がコチラです。

P1180280_20170814145832508.jpg



御朱印、おみくじ等の授与所です。

P1180281.jpg



八幡造り御本殿です。

国家鎮護の社として都の裏鬼門に位置する男山山上に御鎮座されてより1150年以上の間、

時の為政者を始め、幾多の人々の祈りが捧げられてきました。

P1180283_20170814145830581.jpg



御本殿から幣殿・舞殿・楼門と続き、その周囲を約180mに及ぶ廻廊が囲む社殿の建造物全てが丹漆塗で、

御本殿を囲む瑞籬(みずがき)の欄間彫刻をはじめ随所に当時の名工の極彩色彫刻が施された極めて壮麗な社殿であり、

平成28年2月9日に本社10棟と附(つけたり)棟札3枚が国宝に指定されました。

P1180284_20170814145830fb3.jpg



社殿の顔である楼門の正面には、蟇股部分に一対の向かい合う鳩の錺金具(かざりかなぐ)があり、

よく見ると向かって右側の鳩は少し口を開けています。

P1180288_20170814145808196.jpg



神使である鳩が社殿の正面にて狛犬と同様に阿吽の呼吸で御神前をお守りしています、

P1180287_2017081414580864c.jpg



極彩色の壮麗な龍虎の欄間彫刻が施されています。

南に朱雀、東に青龍、西に白虎、北に玄武という四方を守護する四神(神獣)の関係から考えると、

当宮の龍虎の彫刻は東に虎、西に龍の彫刻が配置されているそうです。(見なかった~~)

P1180285_20170814145810e5d.jpg



P1180286.jpg



P1180289_20170814145807e18.jpg



P1180294.jpg



灯籠の紋は、流れ左三つ巴紋です。

岩清水八幡宮の神紋ですが、社の中に1つだけ右巴があるそうです。

間違いの箇所を造ることにより、まだその社殿が未完成であり、

益々の発展を遂げるという願いと縁起が込められているとされています。

Collage_Fotor5_201708141520018b8.jpg



御本殿は国宝なんですね。

P1180295.jpg



屋根をアップして・・・・

P1180296_2017081415291971b.jpg



P1180297.jpg



本殿の右手に回って見ると・・・

P1180298.jpg



本殿への昇降口がございました。

P1180299_20170814152916e16.jpg



キャプチャ1



奥へと行ってみますと・・・

上左は若宮社と若宮殿社で、上右は若宮殿社のアップです。

下左は若宮社で、下右は東総門です。

下左の写真の左端の塀は、鬼門封じのために角を削っております。

Collage_Fotor_201708141534595c0.jpg



上左は大きい方が水若宮社、小さい方は氣比社です。

上右は、若宮社のアップです。

下左は貴船社と龍田社で、下右は信長塀です。

Collage_Fotor2_20170814153458f3f.jpg



上左は、北総門で、上右は住吉社と一童社です。

下左が住吉社のアップ、下右が一童社です。

Collage_Fotor3_201708141534577a7.jpg



上左が校倉で、上右は境内です。

下左が、左から廣田社、生田社、長田社です。

下右は、西総門です。

Collage_Fotor4_20170814153456f21.jpg



南総門へ戻り・・・

P1180320_20170814153456aae.jpg



ここまでやって参りました。

また、ロープウェイ駅まで歩いて行かねばなりません。

P1180321.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






金の鳥居が描かれた御朱印 「金運アップの御金神社」

こんにちは。

P1180362.jpg



御金神社(みかね)は、日本唯一の強力な金運アップのパワースポットです。

御朱印も、黄金色の鳥居に黄金色の「金」という物です。

ご利益ありそうですねぇ~~

京都市の繁華街にひっそりとビルとマンションの間に・・・でも黄金に輝く鳥居なんですが・・・・

御祭神は、金山毘古神、天照大神、月読神です。

P1180227_201708141248041dd.jpg



黄金に輝く鳥居でございます。

P1180229_20170814124803f42.jpg



石柱です。

P1180230.jpg



扁額です。

P1180232_201708141248011a1.jpg



手水舎です。

P1180234.jpg



手水舎には、ザルが置いてありまして・・・・

小銭を洗って・・・金運アップを狙います。

P1180235_20170814124736284.jpg



御金神社のご神木が「イチョウの木」をモチーフにした絵馬がいっぱい奉納されております。

P1180233.jpg



手水舎と売店の間にあった石碑ですが・・・・何なのか???

P1180245_2017081412473456c.jpg



本殿です。

P1180246.jpg



本来は、金属類の守り神である金山毘古神を祀る神社で、金山毘古神は伊邪那岐・伊邪那美の息子で

鉱山や鉱物だけでなく、鏡や刀剣、鋤や鍬、通貨、重機などの人間が暮らす上で必要な金属類を護る神様です。

年では資産運用や証券取引の神様としてもご神徳があるとされています。

P1180236_20170814124735455.jpg



本殿屋根の瓦も・・・・「l金」です。

P1180237.jpg



本殿の中も・・・・

左右にも・・・・・「金」が・・・・・・

P1180249.jpg



P1180250.jpg



末社もあるようですので・・・

P1180247_20170814131332d5e.jpg



こちらにも絵馬が凄いです。

P1180241.jpg



末社です。

P1180239_201708141313303f1.jpg



売店には、金運アップを祈願された物や、おみくじもございました。

P1180243_2017081413211354f.jpg



P1180244.jpg



最後に、黄金色の鳥居を見ながら・・・

P1180252.jpg







最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






伊藤若冲ゆかりの寺 「京都裏寺 宝蔵寺」

こんにちは。

P1180354.jpg



伊藤若冲のドクロ絵図の御朱印で有名な「宝蔵寺」

京都市の繁華街にある浄土宗西山深草派のお寺さんです。

弘法大師空海の創立であり、如輪上人により元西壬生郷に開基されました。

ご本尊は、本尊阿弥陀如来様です。

伊藤若冲は江戸時代中期に生まれた絵画師です。

有名なのが、「動植綵絵」 「髑髏図」 「竹に雄鶏図」です。

宝蔵寺は、若冲及び伊藤家の菩提寺で「伊藤家親族の墓」もございます。




現在、お寺さんのHPでは、本堂の拝観はしてない」との事でしたが、特別に本堂拝観できました。

山門です。

P1180214_20170814110654114.jpg



山門には、このような事柄が・・・

P1180215_20170814110652179.jpg



横の出入り口には・・・

P1180216_201708141106517a3.jpg



宝蔵寺の説明です。

P1180217.jpg



再度、山門を・・・

P1180218_20170814110649174.jpg



山門の鬼瓦を・・・・

P1180220_201708141208020ea.jpg



P1180219.jpg



石柱です。

P1180222.jpg



では、境内にはいりましょう。

P1180208_20170814121353dd8.jpg



天道大日如来さまの祠です。

P1180199.jpg



八臂辨財天 お社です。

こちらの御利益は、良縁成就・良縁吉祥だそうです。

P1180200.jpg



四季折々の草木が、この暑さを和らいでおります。

P1180201_20170814121351d87.jpg



本堂前には、伊藤若冲親族のお墓がございました。

屋根付きなんですね。

P1180202.jpg



P1180204_20170814121350506.jpg



本堂です。

反り破風が印象的な間口六間奥行七間の木造入母屋造りの建築だそうです。

中央に本尊阿弥陀如来、向かって右脇に観音菩薩、左脇に勢至菩薩、

その外側にはお厨子に善導大師、法然上人の二祖像を奉安されておりました。

お参りをして・・・・

本堂の中では、赤い御朱印の他に色々な御朱印や御朱印帳や色々なグッズが売られておりました。

P1180209_201708141221440af.jpg



ボケておりますが・・・・・

P1180207_20170814123505edf.jpg



アップして・・・

P1180210_20170814122143d96.jpg



鬼瓦も・・・

P1180211.jpg



最後に、お買い上げした髑髏絵図の扇子と・・・

P1180353_201708141208001e0.jpg



色々な色の御朱印を頂きました。

P1180356.jpg



P1180357_20170814122139fff.jpg



P1180358.jpg


ご本尊の本尊阿弥陀如来の御朱印と黒色の髑髏御朱印です。

P1180355_201708141221410dd.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






音楽劇 「魔都夜曲」

こんにちは。

mato3.jpg



mato1.jpg



音楽劇 「魔都夜曲」を観劇してきました~~~

内容は、劇団 四季の「李香蘭」や「異国の丘」を観てるので、よく分かりました。

ジャズの名曲がいっぱい流れて、楽しい時間でした。

藤木 直人・マイコ・小西 遼生・壮 一帆・山西 惇・村井 國夫・橋本 さとし・コング 桑田・春風 ひとみ

芸達者な方たちばかりで、凄く迫力ありました。



mato2.jpg



1930年代・上海を舞台に、歴史に秘められた人間ドラマを描く音楽劇です。

開場中から舞台上ではジャズバンド生演奏によるウェルカムライブが行われて始まっていきました。

音楽劇『魔都夜曲』テーマ曲「オピウム・ラヴァーズ」、とっても楽しい曲でした。

川島芳子役を演じる壮一帆の凛々しい男装姿、ステキですねぇ~~

「ボク」って言ってました~~

村井國夫さんと春風ひとみさんのデュエットもステキな歌声にうっとりしました♪




では、ロビーの様子を・・・

いっぱいのお花がございました。

P1180172_201708142051262f3.jpg



P1180173_20170814205125463.jpg



P1180174.jpg



P1180162.jpg



P1180163_2017081420512324a.jpg



P1180164_2017081420512220f.jpg



P1180166.jpg



P1180169_2017081420540398d.jpg



P1180175.jpg



劇場には、こんな張り紙もございました。

P1180180.jpg



プレミアムシートの方のグッズプレゼントは、コチラです。

P1180179_20170814205359ada.jpg



グッズ販売を・・・

扇子がとってもステキでしたが・・・5000円だったような・・・

オリジナルポーチは、早い内に完売しちゃったみたい!!

P1180176_201708142054011b5.jpg



P1180177_201708142107193ab.jpg




終演後も、充実した気分で軽やかに帰れました~~

とっても良い音楽劇でして、もっと何回も観たかったです。

でも・・・既に終わっちゃったのよねぇ~~~





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






日本橋屋長兵衛 「金魚すくい」と「江戸桃よ」

こんにちは。

P1180342_2017081320483449b.jpg



以前どなたかのブログでお見かけしたこの「金魚すくい」のお菓子。

お店の名を「お気に入り」にポチンとして・・・・

よく見たら・・・ここの「天下鯛へい」を買った覚えがございます。

食べたお菓子は、忘れないと言う私・・・・

欲しい個数だけでも、買えるので余分に買う必要がないから便利です。



でーーー届いた包装紙はコチラ。

P1180102.jpg



「金魚すくい」という期間限定のお菓子でございます。

レモンゼリー風味のプルルンとした中に赤と黒の金魚が泳いでおります。

金魚は羊羹で出来ておりました。

な~~~んと夏の風物詩を、皆で頂きました~~

P1180096_201708132048366d7.jpg



P1180098_201708132048355fb.jpg



P1180345_20170813204740e47.jpg



そして・・・・こちらは「バター風味 焼きカステラ」です。

バターと玉子の香りがしたラスクのようなお菓子でした。

おやつ用にとこれだけ買いました

P1180100.jpg



こちらは「江戸桃よ」と言うお菓子です。

期間限定のお菓子です。

桃の果肉が小さく切って、ゼリーに包まれております。

P1180105_201708132047382a8.jpg



P1180107_20170813204737a92.jpg



P1180374.jpg



上品な涼菓でございます。

お友達たちと一緒に頂きました~~~

P1180375.jpg



全て、美味しく頂き、夏を感じましたね。

今年、水羊羹も水まんじゅうも食べて無かったし・・・・






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






知多の旬の味処 「やまな」にて穴子料理♪

こんにちは。

P1180114.jpg



季節によって地元で獲れる魚の幸を、頂けます。

特に穴子料理は、海水で育って骨が小さく生でも食べられるほどクセが少ないのが特徴です。

脂の乗りも良く旨みがたっぷり詰まった穴子を頂きましょう。





穴子のお刺身、歯ごたえもあり美味しい!!

とっても新鮮(生きてる)な穴子が有る時だけしか頂けないのです。

骨は、カラッと揚げてあり、いや~~美味しいや!!

P1180117_201708131936490fa.jpg



お店は・・・

P1180120.jpg



そして・・・

P1180146.jpg



メニューの一部も・・・

P1180145.jpg



次は、焼き穴子。

穴子の皮って、毒(?)があるの?

焼く箸もお皿も、この焼き穴子だけのが用意されました~~

P1180121.jpg



焼く時の香りが、また良いのよねぇ~~

P1180123.jpg



しっかりとカリカリに焼くと香ばしいの。

P1180134.jpg




蟹のから揚げです。

この蟹、脱皮したばかりですから、殻が柔らかくて、そのまま食べれてしまいます。

大きさは、自分の拳ぐらいが甲羅と同じかしらね。

P1180127.jpg



食べる時の・・・・

蟹の甘さと、蟹身の美味しさが口の中で広がります。

殻も、簡単に全部食べれてしまいます。

P1180129.jpg



あなご丼セットです。

P1180136.jpg



アップして・・・

あなごの天ぷらも付いております。

Collage_Fotor_201708132020010c8.jpg



あなご丼です。

P1180144_20170813202000ce9.jpg



デザートは、コーヒーかアイスです。

P1180148.jpg



帰る時、水槽を見たら・・・・穴子の他にハモもいました~~~



美味しく穴子料理を頂きました♪

ご馳走様でした~~~





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






ロンドン一人旅 「JALファーストクラスにて羽田空港へ♪」

こんにちは。

P1160083.jpg



ついに6月のロンドン一人旅の記事が、最後となりました。

既に8月22日、帰国してから・・・2ヶ月経ってしまいました。

最後は、羽田空港に到着するまでです。



機内食を頂き、布団を敷いてもらい仮眠させていただきました。

目が覚めて、フルーツを頂きました。

P1160087.jpg



そして、目覚めに高級なお茶「ロイヤルブルーティー クイーン オブ ブルー」を・・・

P1160089_20170808210919a68.jpg



P1160091.jpg



P1160092.jpg



頂いた後は、ちょっと散策へ・・・ついでに寝具も片付けていただきながら・・・

こちらは、ビジネスクラスのバーコーナーです。

P1160095_2017080821084213d.jpg



こちらは、ファーストクラスのバーコーナーです。

考えると・・・往復ともお菓子出てこなかったわねぇ~~~

P1160097.jpg



ペーパークラフトのつゆくさかしら??

P1160100_20170808210840c42.jpg



この飾りがすごかった!!

グラスコップに、鶴が浮かんでるのよ~~~

P1160101_2017080821083952c.jpg



チョコレートはビジネスもファーストも同じくね。

ただ・・・ファーストは銘々皿に乗っかって・・・

P1160103.jpg



P1160104_201708091013518e8.jpg



ちょっとだけ歩いた後は、アイスクリームを・・・

なんか面白い盛り付け方よね。

P1160109_20170809101350506.jpg



お腹が空いてきました。

朝から、ホテルで朝食を頂き、冷たいスイカジュース2杯のみ!!

機内食は、メインもご飯も食べずじまいでしたから・・・

P1160110.jpg



ロン丼です。

ロンドン線限定の丼物です。

地中海マグロ、脂ののったスコットランドサーモン、イクラ、イカ、とびこの海の幸を活かした海鮮丼です。

P1160114.jpg



それに、最初に取り置きして頂いたキャビアを・・・

P1160118_20170809101306080.jpg



なんと贅沢な海鮮丼の出来上がりです。

P1160119_201708091013063b5.jpg



もうその後は、何も頂かずに・・・・・・

P1160121_20170809101305cb7.jpg



ちなみに、往復のアメニティーは、コチラです。

行きのリラクシングウェアは、黒の期間限定の物でしたが・・・・

帰りは、なぜか無かった~~~~旧型のしか搭載されてなかったらしい。

今度は、Mサイズを頂こうと思ってたから・・・ちと寂しい・・・・

Collage_Fotor1_20170809103717852.jpg



でーーやっぱり、コレを買わなくちゃね。

P1180352_20170813134942643.jpg



名残り惜しいですが、羽田空港に到着致しました。

次の予定は・・・・しばらく無いのよねぇ~~~

P1160122.jpg



これにて、JALファーストクラスで行ロンドン一人旅、終りました~~

長い間、ご愛読下さりあちがとうございました。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。







プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ