西国三十三所草創1300年 第24番札所 中山寺 五重塔 「青龍」

こんにちは。

P1190011_20170916184856cca.jpg




青い五重塔って珍しいですね。

宝塚市にある中山寺。

平成28年、400年ぶりに再建された五重塔は高さ約28mです。

京都の海住山寺と同じく、初層の本屋根の下に「裳階(もこし)」と呼ばれる庇があるのが特徴です。

P1180973_20170916185222cfd.jpg



低い重心から金色の相輪までスラッと延びた美しい姿もさることながら、

遠目からでも分かる青に塗られた五重塔はとても新鮮です。

P1180974_201709161852213dd.jpg



こんなにキレイ色の五重塔、目が奪われてしまいました。

P1180982_20170916185220f14.jpg



P1180994_20170916185156810.jpg



P1180987.jpg



垂木や組物などが群青色に塗られていて、近くから見上げると空の青さに溶け込むように感じます。

P1180995_20170916185155095.jpg



扁額です。

P1180996_20170916185154f46.jpg



青色というのは仏の知恵を表しており、「青龍塔」と名付けられた中山寺の五重塔は、

智恵をそなえた青龍が仏塔即ち仏法を守っている姿を表しています。

P1180999_20170916185153162.jpg



とても印象深いものです。

P1190003_20170916185153496.jpg



P1190004_2017091618582796a.jpg



大願塔と並び、これからの中山寺の象徴となるでしょう。

P1190006.jpg



中山寺では、平安時代に「星祭り」として始まった行事で、江戸時代初期の慶長元和の頃から

「星下り」といわれるようになりました。

これは毎年8月9日の夜、西国三十三所の観音様が中山寺に集まるといわれており、

その来迎の様子があたかも星が降る様であったことに由来しています。

ですから「星下り」の日にお参りすれば、西国三十三所観音霊場すべてお参りしたことになるのです。

また、この日は「四万六千日(しまんろくせんにち)」といわれ、

この日お参りすると46,000日お参りしたのと同じ功徳が得られるともいわれています。

そして、御本尊と左右の脇侍はいずれも十一面観世音菩薩であり、三体合わせると三十三面となります。

これは西国三十三所各札所の観音菩薩を象徴しているといわれています。

普段は秘仏となっていますが、毎月18日の御縁日には御開帳され、そのお姿を拝見することができます。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ