ヘルシンキ観光 「テンペリアウキオ教会」

こんにちは。



「美しき大自然を旅する 北欧4ヵ国周遊9日間」



小さな宇宙を思わせる不思議な空間 「テンペリアウキオ教会」

氷河期から残る天然の小さな岩山を10mくり抜いて造られたユニークな教会です。

「できるがぎり自然の岩を残す」というテーマでつくられたこの教会は、

1961年にティモ&トゥオモ・スオマライネン兄弟によって設計され、1969年に完成しました。

テンペリアウキオ教会c



このような緑あるれる公園を通りぬけて・・・・・

周りは住宅街なので、ちょっと歩かなければなりません。

P1000376c.jpg



ここが入口でございます。  この入口の上の方に・・・

「ロックチャーチ」と呼ばれるテンペリアウキオ教会は、外から見るととても教会とは思えません。

P1000377c.jpg



教会である証拠がございます。

でも工事中で分かりにくいかも・・・・十字架が・・・・

P1000379c.jpg



内部の岩盤はそのまま利用されております。

P1000380c.jpg



天井を見上げると、お空が見えます。

P1000381c.jpg



天井は、直径24mの銅板でドームのように覆われております。

P1000382c.jpg



同じような写真が続きますが・・・

P1000384c.jpg



立派なパイプオルガンもあります。

ヘルシンキ市民にとって、テンペリアウキオ教会で結婚式を挙げることは「夢」なのだとか・・・・

P1000385c.jpg



いわゆるドーム型の構造になっております。

自然光もあり、音響効果は抜群でコンサートにも使われるそうです。

P1000387c.jpg



自然の岩山の上に石を積んで在ります。

P1000402c.jpg



祭壇です。  シンプルですね。

P1000388c.jpg



花崗岩の粒子がきらきら光り、つやめいて美しいです。

180枚の天窓のガラスが張られています。

「太陽」をあらわす銅板と天窓からこぼれる自然の光は、教会の中を明るく照らすだけでなく、神聖です。

P1000389c.jpg



P1000392c.jpg



P1000393c.jpg



P1000397c.jpg



2階からの眺めです。

「光」に包まれて、華美な装飾が一切ない岩肌がむき出しの教会で、

その光と影が、フィンランド建築の素晴らしさを映し出していました。

教会の中央には、花崗岩をカットしたささやかな祭壇と小さな十字架があります。

1000席ほどのパープルの座席の横には、大きな金色のパイプオルガン。

削り出したむき出しの岩肌を残したことで独特の音響効果を得られ、

パイプオルガンのコンサートでは美しい音色を聴くことができるそうですね。

P1000399c.jpg



では、お昼ですので、食事をしたいと思います。




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。








コメント

Secret

プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
コメントありがとうございます♪
ヒツジのカウンター
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
モラタメ
JAL
JAL 日本航空 特便割引 JAL日本航空 JMB入会   JAL 国内線      
ちょっと一休み