南フランスコートダジュール 「鷹の巣村 エズ」  聖母被昇天教会へ♪

ボン・ジュール

IMG_0231.jpg



「Church Notre-Dame-de l'Assomption 聖母被昇天教会」です。

18世紀に建てられ、建物のお色も黄色で目立ちます。

自由に見学も出来て、写真撮影も大丈夫でした。




教会のファサードの飾り窓が、変わった形です。

IMG_0232.jpg



中に入ってみます。

小さな鷹の巣村には、立派な教会でした。

IMG_0234.jpg



天井をアップしてみます。

IMG_0236.jpg



IMG_0237.jpg



IMG_0238.jpg



IMG_0239.jpg



IMG_0240.jpg



IMG_0241.jpg



教会前の広場からの景色です。

上ってきた道や駐車場が見えます。

IMG_0242.jpg



山の向こうは、モナコかしら?

IMG_0243.jpg



教会の山手(頂上)の方を見ますと・・・

上に見えるのは、エズ城の廃墟でしょうか?

IMG_0245.jpg



IMG_0246.jpg



ホテルの庭園の置き物??

IMG_0248.jpg



本当に崖っぷちに建てられておりますね。

IMG_0255.jpg



駐車場へと戻ってきました。

IMG_0262.jpg



右から教会があって、上はお城の廃墟に植物園、右には墓地があったような・・・

IMG_0263.jpg



バスが来るまで、スーパーの店先を・・・

IMG_0264.jpg



IMG_0265.jpg



バスに乗車して、最後にエズ村を捉えてみました。

IMG_0268.jpg



教会が目立ちますね。

IMG_0269.jpg



次は、モナコへ・・・メルシー





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 モンテカルロ市街地へ行きましょう♪

こんにちは。

IMG_0271_201703212037171d6.jpg



紺碧の地中海を見ながら、世界で2番目に小さい国「モナコ公国」へとバスで向かいます。

立憲君主制の国でして、有名なのはF1、そして王妃グレース・ケリーでしょうかね。

でーーーー世界で一番小さい国はお分かりですよね。

ヴァチカンですよ~~~

お一人4席も使える余裕たっぷりのバスの旅でございます。





コートダジュールを少し行くと、すぐにモナコ公国に入ります。

IMG_0273_20170321203716196.jpg



この景色は・・・・F1好きな方なら分かるかしら?

IMG_0280_20170321203715080.jpg



あるビルのなかの駐車場でバスから降りて・・・・

エレベーターやらエスカレーターやらに乗り継いで・・・・・

いつの間にか山の上の方まで来たみたいです。

地中海に面したガケの上に作られた「モナコ海洋博物館&水族館」です。

IMG_0281_20170321203658310.jpg



海洋学者としても知られたモナコ大公・アルベール1世の命を受け、1910年に開館したそうです。

海のモチーフがいっぱいですね。

船首が見えますよね。

IMG_0282_20170321203657f88.jpg



たぶん、ここからの景色は絶対に良いんでしょうね。

断崖絶壁に建てられてるから・・・

すごい技術です。

IMG_0283_20170321203656fe3.jpg



地下が水族館、2階が海洋博物館だそうです。

IMG_0284_20170321203656c3f.jpg



このドア、クラゲさんがいっぱいですね。

IMG_0286_20170321203654d70.jpg



いっぱいでしょう!!!

IMG_0287_2017032121200000a.jpg



モナコプチ観光トレインで、モナコ一周はいかがかしら?

グランプリコースも走って行くようですよ。

IMG_0285_20170321203655f87.jpg



イエローサブマリンも見ながら・・・・

はい!!!

海洋博物館も水族館も見学せずに、通り過ぎただけなのです~~~~

館内が気になる方は、ほかの方の記事をお読みくださいませ。(私も読ませて頂いた一人です)

IMG_0288.jpg



モナコ公国の王女様のおうちだそうです。

とーーーー思います~~~

IMG_0290.jpg



IMG_0293.jpg



モナコ大聖堂に到着致しました。

IMG_0294.jpg



1875年に建てられたロマネスク・ビザンチン様式のカトリック教会であり、王妃グレース・ケリーが眠る大聖堂です。

IMG_0295.jpg



モナコ大公レーニエ三世とグレース妃が挙式した場所でもあります。

IMG_0297.jpg



ついアップしたくなります。

IMG_0299.jpg



IMG_0300.jpg



IMG_0302.jpg



挙式の様子の写真がございます。

IMG_0304.jpg



次は、モナコ大聖堂内の見学です。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「モナコ大聖堂を見学しましょう♪」 そしてモナコ大公宮殿へ・・・

こんにちは。

モナコ1



地図見て分かるように、海洋博物館は崖っぷちに立っております。

そこから歩いて・・・・モナコ大聖堂の内部見学を致します。

真っ白な外観が美しいモナコ大聖堂。

1252年に建てられ、その後1875年に献堂されました。

教会は聖ニコラスに捧げられたことから別名、聖ニコラス大聖堂とも呼ばれています。

ここはモナコ大公レーニエ3世とその妻・グレース公妃は結婚式を挙げた地であり、現在では二人並んで埋葬されています。

IMG_0295.jpg



IMG_0305.jpg



内部見学を致しましょう。

いつものように歩きながら、写真撮ったら・・・正面の写真がすごいピンボケでして・・・・

IMG_0308.jpg



多くのモナコ王室の方たちが眠っております。

IMG_0310.jpg



グレース・ケリー王妃のお墓です。

今もなお、人々が花を捧げにやってくることから、多くの人々に愛されているのでしょうね。

カンヌ国際映画祭でモナコ大公レーニエ3世と出会い、この教会で結婚式を行い大公妃になりました。

1982年、 南仏の別荘からモナコへ戻る途中、急カーブのガードレールに激突し帰らぬ人となりました。

享年52歳でした。

IMG_0314.jpg



モナコ大公レーニエ3世とグレース王妃の結婚式の写真も飾られておりました。

IMG_0316.jpg



グレース王妃のお墓の隣に、モナコ大公レーニエ3世のお墓が仲良くございます。

IMG_0318.jpg



では、大聖堂の内部写真を・・・・

翼廊の右側にある1500年頃の祭壇画、素晴らしい祭壇と司教の玉座、白のカララ大理石等素晴らしいです。

IMG_0319.jpg



主祭壇です。

IMG_0321.jpg



ドームの壁画をアップしてみます。

IMG_0322.jpg



反対側には、パイプオルガンもございました。

IMG_0328.jpg



もちろんステンドグラスもいっぱいございましたよ。

IMG_0329.jpg



どなた様でしょうか???

IMG_0330.jpg



一応見学を急ぎばやにいたしまして・・・・・

外へとでます。

こちらの建物は「モナコ裁判所」です。

ルイ2世大公によってこの裁判所は1924年に竣工され、1930年5月に開所しています。

モナコの要塞にも使われている灰色の多孔性海洋石灰岩が使用されています。

IMG_0331.jpg



こんなお店を見ながら・・・

IMG_0332.jpg



可愛い建物を見ながら・・・

IMG_0333.jpg



モナコ大公宮殿のある広場へとやって参りました。

IMG_0335.jpg



1215年にジェノバ人が築いた要塞跡に建てられた大公宮殿です。

IMG_0337.jpg



IMG_0338.jpg



王宮の上に白い旗が立てられている時は大公は在室中であり、

立てられていない場合は、出張中で不在ということが目印とのことだそうです。

IMG_0341.jpg



IMG_0342.jpg



11時55分に宮殿前の広場に行くと、衛兵交代を見ることができますので・・・・あと少し待ちます。

IMG_0343.jpg



次は、宮殿広場からの景色と衛兵交代式です。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「モナコ大公宮殿広場と衛兵交代式」

こんにちは。

IMG_0376.jpg



11時55分に宮殿前の広場に行くと、衛兵交代を見ることができますので、それまで広場で遊びましょう。

モナコ大公宮殿は、山の高台にありまして、ハーバー一帯が見渡せます。

IMG_0344.jpg



モナコと言えば・・・・F1レース

ここからスタートするようですね。

IMG_0345.jpg



そして、レースは穴(ドーム)の空いた橋を上って・・・・トンネルへと走って行きます。

IMG_0346.jpg



IMG_0348.jpg



IMG_0350.jpg



広場には、このような像もございます。

IMG_0351.jpg



アップして・・・

IMG_0353.jpg



弾薬も・・・

IMG_0352.jpg



このような像もありましたが・・・Francois Grimald フランソワ・グリマルディです。

ジェノヴァ共和国の都市貴族グリマルディ家出身であり、現在のモナコ公家・グリマルディ家の始祖との事です。

IMG_0365.jpg



交代式まで時間もありますので、ウインドゥショッピングでも・・・

IMG_0362.jpg



IMG_0363.jpg



IMG_0364.jpg



では、そろそろ・・・折角ですから前方で交代式を見たいので早めに並びましょう。

IMG_0368.jpg



IMG_0369.jpg



IMG_0372.jpg



今回も、右手にデジカメで写真を撮り・・・・

左手にもデジカメ持って動画撮りをしておりました~~~

IMG_0378.jpg



IMG_0380.jpg



夏は服装が白色みたいですね。

IMG_0387.jpg



IMG_0389.jpg



次回旅行の衛兵交代式が見れるのは・・・・バッキンガム宮殿からかしら???

IMG_0393.jpg



次は、昼食です。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「L AURORE」 ランチをいたしましょう♪

こんにちは。

IMG_0354.jpg



モナコ・ヴィル地区のレストラン「L AURORE」で頂きます。


ランチの時間までは自由行動でした。

集合場所が、このレストラン前と言う事です。

他にも、どこかの国の団体ツアーの方たちが大勢やって参りました。




交代式を見終えて集合場所へと参りましょう。

ここを通り・・・

IMG_0399.jpg



ここは、靴屋さんの前なのか・・・

IMG_0401.jpg



レストラン「L AURORE」に到着しまして・・・案内されます。

こんなテーブルを見て・・・

IMG_0404.jpg



奥へと通されました。

IMG_0405.jpg



こちらのテーブルへと案内されました。

IMG_0403.jpg



可愛いお皿よね。

IMG_0408.jpg



まずパンが運ばれてきました。

美味しいパンでした。

IMG_0410.jpg



次に、サラダがきました。

このサラダ、とっても大きな器にいっぱいなんです。

添乗員さんの心遣いで、サラダが山盛りで出てきたのです。

久しぶりの大盛りサラダで、美味しくて完食です。

IMG_0411.jpg



嬉しい配慮ですよね。

添乗員さんに感謝です♪

IMG_0414.jpg



お肉たっぷりのビーフシチューです。

ボケてますが・・・・

IMG_0415.jpg



このポテトが美味しくて・・・・いっぱい食べてしまいました~~

IMG_0416.jpg



デザートです。

IMG_0417.jpg



食べ終えまして、次はお買い物です。

この近くに、モナコ御用達のチョコレート屋さんがあるのです。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「公室御用達ショコラトリー・ド・モナコ 」 お買い物です♪

こんにちは。

IMG_0355.jpg



「公室御用達ショコラトリー・ド・モナコ 」です。

日本では買うことができない限定商品

ショコラトリー・ド・モナコのショコラで一番よく知られているのは、「王冠(Couronne クロンヌ)」で、

1995年にアルベール2世がモナコ大公に即位された際に作られるようになりました。

アールグレーに近い紅茶「モナコブレンド」というものもございました。




モナコの国章であり、大公家であるグリマルディ家の紋章です。

IMG_0357.jpg



IMG_0360.jpg



店先の看板ですが・・・

IMG_0361.jpg



IMG_0359.jpg



IMG_0419.jpg



IMG_0420.jpg



ではショッピングです。

お土産は、あまり買わないようにしてるのですが・・・・

日本で販売されてない物については・・・・

とっても高そうな立派なペーパーバッグです。

P1030926.jpg



「モナコブレンド」の紅茶も購入いたしました。

7.90ユーロです。

P1030927.jpg



チョコレートは色々な種類がございましたが・・・・やっぱりコレね。

P1030929.jpg



「王冠(Couronne クロンヌ)」です。

29.90ユーロです。

P1030930.jpg



2種類(ミルクとダーク)のお味のチョコレートです。

P1030931.jpg



P1030932.jpg



次は、F1レースの・・・・です。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「F1レースのヘヤピンカーブを見に行こう♪」

こんにちは。

IMG_0463.jpg



モナコと言えば・・・F1!!!

あまり興味ない人でも「モナコGP」は知ってるような・・・

高級リゾート地として名高いモナコの公道を閉鎖して設営される市街地コースです。

「フェアモント・ヘアピン」

F1開催サーキット中でも最も半径の小さなコーナーで、追い越し禁止エリアです。

IMG_0512.jpg



グーグルさんに助けてもらいますと・・・

ヘアピンカーブ



では、旅行案内では記載されてなかった地区へと・・・・

参加人数7名、現地ガイドさんの融通、バス運転手さんの心遣い、添乗員さんの優しい決定によるものだと思います。

ただ、モナコモンテカルロの道路事情もありまして、バスが通ってはいけない所もあるようで・・・・レースの逆コースを・・・

IMG_0423.jpg



スタートグリットのラインでは・・・

ハーバーの前の道を走って行きます。

IMG_0428.jpg



おおおーーーこのラインは・・・

IMG_0430.jpg



本来は上の道を猛スピードで走って行くのですが・・・・我々は下の道へ・・・

IMG_0432.jpg



ここは、マシンが下ってくるのですが、バスは上って行きます。

IMG_0435.jpg



トンネルへと導かれて行きます。

IMG_0436.jpg



この目の前の建物は・・・・・デューク更家さんの・・・・・

IMG_0437.jpg



レースでも走ってるトンネル内です。

IMG_0438.jpg



でーーーこの建物の前で、バスから降りまして・・・

IMG_0444.jpg



こんな階段を上って行きます。

上から撮った写真なんで・・・・上ったのです。

IMG_0447.jpg



でーーー着いたのがコチラでした。

IMG_0450.jpg



ヘアピンカーブが目の前なんですよ~~~

「フェアモント・ヘアピン」です。

IMG_0452.jpg



IMG_0453.jpg



ヘアピンカーブの目の前にあるホテルです。

グランプリ時の料金は・・・・すごい金額ですし・・・・何日間も予約しないといけないらしい・・・・

IMG_0459.jpg



ヘアピンカーブを上から見たいので、こちらから行きます。

この左手には、SUNカジノがございます。

IMG_0460.jpg



IMG_0462.jpg



いや~~~~眺めが良いですねぇ~~~

地中海もキレイやわぁ~~~

IMG_0464.jpg



次は、グラン・カジノへ。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






モナコ公国 「カジノ・ド・モンテカルロ (グランカジノ)」 に行きましょう♪

こんにちは。

IMG_0482.jpg



「カジノ・ド・モンテカルロ (グランカジノ)」

1863年開業のモナコ最古のカジノで、

パリのオペラ座を設計した建築家シャルル・ガルニエによって建てられた由緒あるカジノで、

その宮殿のような佇まいはモナコの建築物のなかでもひときわ優雅です。

世界中からセレブリティ達が集まるここは、カジノプレイヤー憧れのカジノだそうです。

入場無料のスロットマシンがあるアトリウムは午後2時から営業しておりますよ。




ヘアピンカーブを見てから、超高級外車を見ながら・・・・

カジノで一儲けして、頂いた車でございます~~~(4月1日ですから・・・・)

展示品にしてきました~~~

IMG_0468.jpg



IMG_0470.jpg



グランカジノの正門です。

IMG_0471.jpg



こちらのカラフルな車はお客様(カジノの)のです。

このような車が、この周辺には何台も駐車されております。

IMG_0473.jpg



建築家シャルル・ガルニエによって建てられたのですよね。

IMG_0474.jpg



IMG_0475.jpg



限られた人しかモナコには住むことができません。

収入面や職業、また資産によって住居者が選別されるため、相対的に高い治安の良さを維持することができるそうです。

モナコ国籍の人は、カジノの中には入ることが出来ないそうです。

IMG_0476.jpg



IMG_0478.jpg



オテル ドゥ パリ モンテカルロです。

カジノ広場にあり、5つ星ホテルです。

F1グランプリの観戦には最適の高級ホテルで、マイケル・ジャクソン氏やネルソン・マンデラ氏が宿泊名簿に記されてます。

IMG_0479.jpg



写ってる男性もカッコイいわね♪

IMG_0480.jpg



車を置いて行くと、グランカジノのスタッフが並べてくれます。

IMG_0481.jpg



良い眺めですよね。

IMG_0483.jpg



どこを撮っても、ステキですね。

IMG_0486.jpg



IMG_0487.jpg



では、グランカジノの中に入って見ましょう。

IMG_0488.jpg



やっぱり・・・敷居が高い!!

カバンの中をチェックされて・・・

IMG_0492.jpg



IMG_0493.jpg



添乗員さんが、スタッフと交渉して、写真をカジノ以外のこのロビーのみならOKとなりました。

ただし、短時間でと・・・

IMG_0494.jpg



今度来る機会があったのなら・・・・カジノの中に入って・・・・トライしてみたいわね。

IMG_0496.jpg



IMG_0498.jpg



IMG_0500.jpg



IMG_0502.jpg



このロビーを堪能するのは・・・写真撮るだけで必死でございました~~~

IMG_0504.jpg



IMG_0505.jpg



いかがでしたか???

こちらの建物の部分は、カジノだと思います。

プライベートルームもあるわよ。

IMG_0507.jpg



でーーーまたヘヤピンカーブの所へと戻って参りました。

IMG_0510.jpg



次は、またエズ村の香水のお店へ・・・・







最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






エズ村ふもとの香水老舗工場「フラゴナール」 に行きましょう♪

ボンジュール

IMG_0521.jpg



フラゴナールは香水のメッカと謳われる南フランスの街グラースで、1926年に誕生した老舗パフューマリーです。

ナチュラルな香りや優しいコスメ、そして全ての商品のかわいらしいデザインが人気のようですね。

エズ村に登って行く際、途中にお店もございました。

お洋服も売っておりました。

香水、石鹸、化粧品等を工場生産しています。

工場は、エズ村の麓にございます。




モナコからの帰り道、コチラに寄ります。

眼下には地中海、上を見ればエズ村と言う風光明媚な所にあります。

IMG_0266.jpg



中に入ると、お花の香りが致します。

IMG_0516.jpg



色々と説明をして下さいます。

IMG_0517.jpg



製品を作ってる所を見学して、ショッピングとなります。

IMG_0520.jpg



香水は使わないので、興味がありませんでした。

ただ、スキンケアのローヤルゼリーやアルガンオイルやらが気になりまして・・・・

このセットを購入してしまいました~~~~

P1030933.jpg



まぁ、一番気に入ったのは、この入れ物、結構大きくて役に立ちそう、そしてこのデザインがステキ♪

ちなみに、このセット128ユーロでございました。

無駄遣いだったかしら???

P1030934.jpg



今、使ってるのがコチラです。

ソワンエッセンシャル ロイヤルゼリー フェイスクリームです。

天然ローヤルゼリー配合で、翌朝しっとり、すべすべに。

自然な保湿とともに栄養も補給してとってもグーね♪

P1030935.jpg



まだ、箱の中に眠ってるのが・・・・

アルガンオイル成分の保湿クリーム。

モロッコにのみに生育するアルガンの樹の実から採油された希少なオイルは、

保湿力とアンチエイジング効果がとても高いそうですよ。

乾燥が気になるどんな部分にも使用できる優れモノの万能保湿薬との事です。

「アルガンオイル」初めて聞きました~~~

フラドナールでは、このアルガンオイルを100%使用してるそうです。

左手から、ヴレ アルガンオイル ボディ&ヘア240ml、ヴレ ラディアント セラム30ml、

ヴレ アンチリンクル フェイスクリーム50ml です。

P1030936_20170328211848ee0.jpg



全ての商品4品、個人輸入すると・・・1万円ぐらい安く買えたようです。

ただ、使わないと・・・・ダメですね。

P1030937_2017032821184763b.jpg



本日から、シャンプーリンスしてからヴレ アルガンオイル ボディ&ヘアを付けて・・・

お顔には、ヴレ ラディアント セラムとヴレ アンチリンクル フェイスクリーム塗りましょうか!!!




次は、ニースへと戻ります。

メルシー




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






南フランス 「ニースの夜 夕食のレストランを探しましょう♪」

ボン・ジュール

IMG_0529.jpg



エズ村とモナコを観光してから、ニースのホテルに戻ってきました。

少し休みまして・・・・

夕食は自由食と言う事で、添乗員さんに連れて行って頂く行動となりました。

7名のうち5名が参加されまして・・・・いざニースの旧市街地へ!!!




ホテルから歩きます。(一番上の小さな丸印です)

DSC_0577.jpg



まず行先は、オリーブオイルのお店です。(地図下の小さな○印)

「ALZIARI アルジアリ」のエクストラ・バージン・オリーブオイルを購入しましょう。

閉店時間が迫っておりましたので・・・急いで急いで歩きました~~~~疲れたよ~~~

IMG_0522.jpg



アルジアリのオイルはクセがなくまろやかで、フルーティーな甘みが食材の旨味を引き立てますよ、

このようなオイルを10本購入しました。

1本 6.1ユーロです。

トリュフ、ミント、オレンジにレモン味も、味見をして購入できました。

P1030759.jpg



買い終えて、フラフラ状態で・・・また旧市街へと歩きます。

IMG_0523.jpg



添乗員さんの後ろを遅れないように歩くのみ。

レストラン目指して、どこをどう歩いてるのか?????状態です。

DSC_0579あ



店先には、新鮮な魚介類が・・・・・

IMG_0524.jpg



ここに着席で~~~~す♪

IMG_0527.jpg



パンが置かれて・・・

IMG_0528.jpg



一番上の写真となります。

IMG_0531.jpg



ここでも、生カキを頂きますよ~~~

IMG_0532.jpg



豪快に手をぐちゃぐちゃにして、カニ、エビを必死に、無言で頂きました♪

IMG_0533.jpg



IMG_0535.jpg



お腹もいっぱいで・・・・タクシーを探して歩いたのですが・・・・

IMG_0542.jpg



こちら様は、ガルバルディ広場の「ジョセフ・ガリバルディ像」です。

ナポレオンに仕えたアンドレ・マセナ将軍と共にニースの二大英雄の一人で、

「民衆の英雄」「無私の英雄」と称えられた軍人です。

IMG_0543.jpg



IMG_0544.jpg



後ろの黄色の建物は、「societas sanctissimi sepulcri 聖墳墓教会かな?」です。

トボトボと歩いてる内に、ホテルに到着したのであります。

IMG_0548.jpg



この日の歩数は・・・・・22,092歩でございました~~~~

もう、歩けないのであります~~~



次は、ヨーロッパの3大カーニバルの一つといわれ、春を呼ぶ ニースの花カーニバルです♪

の・・・・前にニース観光です。

メルシー





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ