可愛いハロウィンの「源氏パイ」

こんにちは。

DSC_0760_20171006225354d23.jpg



私の大好物 「源氏パイ」

そんな季節限定バージョン「ハロウィン」のを見つけました~~~

絵柄は、5種類なのよ。

DSC_0762_201710062253539e0.jpg



この袋の裏には、絵を切り取って、飾りに使えるのよね。

まぁ、食べたら・・・・ゴミ箱へ行ってしまっておりますが・・・・

お味は、「源氏パイ」ですから、保証付きです!!!



写真2枚だけだと・・・手抜き記事になってしまうかしら????

たまには、良いわよね。


美味しく頂きました~~~~



ハロウィン1





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





★モラタメ★ エスビー食品 「SPICE&HERBシーズニング 15種類」 タメしてみました♪

こんにちは。

P1190731.jpg



この15種類をタメしてみました。

送料関係費は、900円です。


香りで旅する世界の料理

エスビー食品 「SPICE&HERBシーズニング 15種類」



色々ありまして・・・分かり易いように・・・

P1190732.jpg



食べた事ないお料理も、手軽に作れるのね♪

P1190733.jpg



まずは、この3種類のお料理を作ってみます。

P1190734.jpg



こんな感じで、出来上がりました~~~

P1190734a.jpg





「鶏の香草焼き」



まず、鶏肉250gとこの本品1袋を用意して・・・

P1190735.jpg



シーズニングは、コチラです。

ビニール袋に入れて・・・

P1190736.jpg



鶏肉と混ぜ合わせます。

P1190737.jpg



あとは、焼くだけで、出来上がりです。

P1190737a.jpg





「蒸し茄子の香味だれ」



茄子を2本用意して、切っておきます。

P1190738.jpg



レンジ用の器に入れて・・・本品1袋とゴマ油を加えて、600w5分です。

P1190739.jpg



あとは、冷やして出来上がりですよ~~

P1190740.jpg





「韓国風 たたききゅうり」



ただただ、きゅうりとシーズニングとゴマ油で和えるだけで、出来上がりです。

P1190741.jpg




ほ~~~んとに、簡単で作れるし、美味しく頂けました~~~♪

まだまだ色々な種類がありますので、頑張ってお料理します~~~




モラタメが気になる方は、こちらをポチンと・・・







最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。





太閤秀吉由縁の長浜六瓢箪霊場 「豊国神社」

こんにちは。

P1190726.jpg


太閤没後に、長浜の町民がその遺徳を偲んで建立したのが豊国神社です。

事代主大神、豊臣秀吉(豊国大明神)、加藤清正、木村重成をご祭神としています。

1600年、太閤三回忌に当たる年に長浜町民により建立されたものです。

大坂の陣にて豊家が滅び、江戸時代に入ると、幕命により豊家信仰が禁じられ、社殿もとり壊すように命じられました。

町民は一時ご祭神を町年寄の家へ移し、その後、恵比須神を祀る神社の奥社で秘かにお祀りしていたそうで、

維新後に「豊国神社」の名前が復活したそうです。

そして、太閤三百回忌に当たる1898年に、拝殿が再建されました。




まずは、お昼を頂きましょう!!

滋賀県長浜市の郷土料理を・・・「鯖そうめん」です。

旨みが詰まった美味しい鯖とそうめんでした。

Collage_Fotor3_20171006195852068.jpg



肉厚の鯖は、骨も柔らかくて、甘辛のお味で美味しいですよ。

P1190641.jpg



P1190642.jpg



では、近江の国の豊国神社へ参りましょう。

豊国神社って、色々な所にありますよね。

豊臣秀吉さんゆかりの地にあるのでしょうね。

P1190643.jpg



石柱が2本ございます。

斜めになってるような・・・・

Collage_Fotor1_20171006195853bb2.jpg



鳥居を・・・

P1190644.jpg



扁額です。

P1190648.jpg



馬像です。

P1190649.jpg



加藤清正公銅像です。

今でも、太閤さんを護衛をしております。

ちゃんと、長鳥帽子兜と十文字槍を付けておりますね。

P1190650.jpg



天満宮です。

P1190651.jpg



秀吉公遺愛の「虎石」」です。

どれ???

P1190652_201710062055400b1.jpg



出世稲荷神社の鳥居ですが・・・

P1190654.jpg



きつねさんもいらっしゃいますね。

P1190655_20171006205538a74.jpg



出世稲荷神社の本社です。

P1190664_20171006210551d75.jpg



手水舎です。

P1190656.jpg



豊国神社の本社です。

江戸時代中期の建物で、檜皮葺き唐破風づくりです。

屋根組みは、千鳥破風桟瓦葺きです。

P1190657.jpg



P1190658.jpg



P1190660_201710062105546b6.jpg



鬼瓦を・・・

p1190660a_201710062105537c3.jpg



P1190666.jpg



境内の様子です。

P1190661_201710062105524e6.jpg



P1190667.jpg





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。




西国三十三所草創1300年 「第31番札所 長命寺」

こんにちは。

P1190722_20171004120120439.jpg




ご本尊千手十一面聖観世音菩薩は健康長寿、無病息災を授けて下さる有り難い観音様。

本堂三重塔など重文の建つ境内から琵琶湖が一望でき、西国巡礼を始め多くの参拝客でに賑わっています。

十二代景行天皇の代、武内宿彌がこの山に上り、『寿命長遠諸元成就』の文字を柳の大木に彫り、

長寿を祈願した結果、三百歳の長寿を保ったと伝えられております。

その後、聖徳太子がこの地を訪れ山に上り、武内宿彌が彫った柳の木を見て、感嘆していると、

そこに白髪の老人が現れ、『この木で仏像を刻み、寺を建立するように』と告げ立ち去ったと言います。

太子はこのお告げの通り、この柳の木で千手十一面聖観音三尊一体の像を刻み、

推古天皇27年(619年)に本尊として祀り、武内宿彌長寿霊験の因縁で長命寺と名付けたのがこの寺の創始とされているます。




第31番    「姨綺耶山  長命寺」

ご本尊    千手十一面聖観世音菩薩三尊一体

ご詠歌    八千年や 柳に長き 命寺運ぶ歩みの かざしなるらん



長命寺は、滋賀県近江八幡市にあり、琵琶湖湖畔にございます。

ここも・・・・階段が808段あるとの事!!

ただし、途中には駐車場があるとの事でして、タクシーにて・・・・

それでも、自力で100段ぐらいは登らないと・・・・・・

本来は、こちらから・・・・ひたすら石段を登らないといけません。

P1190715.jpg



石柱です。

P1190716.jpg



この石段を、808段も・・・

P1190718.jpg



でーーーこの石柱からタクシで、細い山道を・・・・ひとっ走りでございます。

到着したのが、こちらの石柱でございます。

怖い亀さんの上に・・・・

P1190669.jpg



「健康長寿の観音さん」の石碑もございます。

P1190670.jpg



この石段を108段、山門がある所まで、自力で登らないといけません。

P1190671.jpg



この石段は・・・1段から700段までのものです。

この石段を登ってきたら・・・帰りもこの石段を下りなければなりませんよ~~

P1190672.jpg



では、頑張って108段登りましょう。

P1190673.jpg



このような石碑もございます。

P1190674.jpg



山門が見えてきましたので、あと少しです。

息切れ、ハンパじゃございませんが・・・写真だけは撮っております。

P1190675.jpg



長命寺の山門です。

P1190677.jpg



山門までの石段、808段、これで終わったと思いましたが・・・・なぜか・・・・まだ石段が続いてるよ~~

P1190679.jpg



途中に、手水舎がございます。

P1190680.jpg



清めたら・・・・まだ石段がございました。

P1190682.jpg



石段を登り切った所には、「三重塔」がございます。

重要文化財で、桃山様式の建築で、現存のものは慶長2年(1597年)に建てられたものとされています。

P1190684.jpg



本堂と三重塔の間には、  「閼伽井堂 (念仏井戸)」だそうです。

天智天皇が、境内にあった柳の枝を取って、本堂の横のこのお堂の所に差すと・・・

「ジャックと豆の木」のように大木に成長したとか・・・

P1190685.jpg



本堂です。

横からですが・・・でも、ご本尊様はこちら向きに安置されておりましたが・・・こっちが正面???

P1190687.jpg



長命寺の石柱です。

一体、何本あるのか・・・

P1190688.jpg



境内には、このような物が・・・琵琶湖周航の歌碑です。

P1190689.jpg



でも、コレは????

P1190690.jpg



本堂正面(?)へとやってきました。

P1190691.jpg



鬼瓦を・・・

P1190714.jpg



本堂前には、御詠歌の歌碑がございました。

P1190707.jpg



では、お参りを致しましょう。

P1190698.jpg



まずは、説明を・・・

P1190697.jpg



内陣を・・・

本尊の千手十一面聖観世音菩薩三尊一体は、聖徳太子が刻んだものらしいです。

P1190702.jpg



P1190703.jpg



乳薬師です。

P1190704.jpg



本堂からの眺めを・・

P1190705.jpg



P1190706.jpg



P1190699.jpg



P1190700.jpg
 


P1190701.jpg



本堂の北側には、「六処権現影向石」がございます。

落ちそうで落ちない巨石、「天地四方を照らす岩」とされています。

日本最初の大臣・武内宿禰が、この巨石に長寿を祈り、「寿命長遠諸願成就」の文字を柳の巨木に記し、

300歳以上の長寿を全うされたとか・・・・

鳥取県の因幡一ノ宮宇部神社の伝えでは360歳であったともいわれていますので、相当なご長寿です。

P1190710.jpg



境内にはこの他にも巨石がゴロゴロしており、かつての巨石信仰の名残ではないかという説もあります。

P1190713.jpg



鐘楼です。

P1190694.jpg



「三仏堂」です。

佐々木義秀の菩提を弔うため元暦元年(1184年)に造立したものと伝えられており、

釈迦、弥陀、薬師の三尊を祀っています。

P1190696.jpg



ちょっと望遠で三仏堂の奥を・・・・護法権現社だそうです。

P1190709.jpg



護法権現社を横から・・・・

P1190712.jpg



では、また石段を下りましょう。




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。




西国三十三所草創1300年 「30番札所 宝厳寺 都久夫須麻神社」

こんにちは。

P1190585b.jpg



国宝の宝厳寺唐門と重要文化財の観音堂は、現在工事中でございました~~~

なんとも・・・・見たかった~~~

唐門は豊臣秀吉が建てた大阪城極楽橋の一部で、現存する唯一の大阪城遺構です。

唐破風を持つ門は、桃山時代を象徴する豪華絢爛な様相になっています。

年月が経ち、より一層渋さを増す漆黒塗りが印象的なんです。

観音堂には千手観音が安置されています。

Collage_Fotor_20171005002116074.jpg



賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)様の頭を撫でると悪い病を払ってくれると言われています。

P1190579.jpg



観音堂の売店で見つけた日本てぬぐいです。

P1190580.jpg



観音堂でお参りを致しまして・・・工事中ですから、とっても空間が狭かったです。

天井しか撮れなくて・・・

P1190581.jpg



重要文化財の宝厳寺舟廊下(渡廊)です。

秀吉の御座船「日本丸」の骨組みを利用して建てられたと言われています。

その巨大な床下柱を左手に見上げながら廊下の下道を奥に進むと都久夫須麻神社が見えてきます。

P1190583.jpg



この舟廊下は、急斜面に掛けられたので、高い舞台構造になっています。

P1190583a.jpg



国宝の都久夫須麻神社(つくぶすま)で、竹生島神社とも云います。

牡丹や菊の彫刻の力強さや華やかさから桃山文化の歴史を感じられる佇まいの

都久夫須麻神社の本堂は貴重な国宝建築物です。

天井絵や華麗な装飾が見ものだそうですが・・・

P1190585.jpg



屋根をアップして・・・

P1190585a.jpg



お参りをして・・・

P1190585d.jpg



こちらの境内を・・・目の前の建物が、龍神拝所です。

P1190586.jpg



もう一度、都久夫須麻神社を・・・

P1190588_20171005003942ece.jpg



都久夫須麻神社の境内には、色々な神社の祠等がございます。

大己貴神社と天忍穂耳神社です。

P1190589.jpg



厳島神社と江島神社です。

P1190589a.jpg



日本五弁天、近江国の竹生島大神です。

お財布に小判のお守りを入れておくと、お金が貯まるそうですよ。

弁才天女様が祀られております。

P1190590.jpg



手水舎です。

P1190593.jpg



白巳堂 (白巳大神)です。

P1190594.jpg



白巳堂には、阿吽のヘビが・・・

P1190594a.jpg



龍神拝所です。

正式名は、竹生島 八大竜王拝所なんですね。

P1190596.jpg



中に入ると、祭壇がございます。

P1190600.jpg



阿吽の龍なんでしょうね。

P1190600a.jpg



見晴らしの良い龍神拝所から見える宮崎鳥居のまわりはかわらけ投げの白いお皿でいっぱいです。

竹生島の中で一番の絶景と評される竜神拝所では「かわらけ投げ」が有名で、

丸い小さなお皿に自分の名前と願いを書いて、鳥居に向かって投げると願い事が成就すると伝わっています。

P1190602.jpg



「かわらけ」は、2枚で一人分で、300円でした。

1枚目にフルネームで書き、もう1枚には願い事を書きます。

P1190603.jpg



こちらが、「かわらけ」です。

私もやってみましたが・・・・・鳥居まで届かず・・・・自力で願いを叶えるしかなくなりました~~~

P1190604.jpg



拝所には、やはり御ヘビ様が・・・

P1190605.jpg



港まで、どれくらいかかるか分からないので・・・・そろそろもどりましょうか!!

帰り道に、コチラが・・・

P1190612.jpg



説明はコチラを・・・

P1190613.jpg



そして、この鳥居へと戻ってまいりました。

P1190614.jpg



あと少しで、港に到着します。

乗船する船は決まっておりますので、遅れると・・・置いていかれてしまいますよ~~

P1190615.jpg



本坊(宿泊所?)も見えてきました。

P1190616.jpg



通りすがりに、秋を見つけましたので・・・

P1190617.jpg



P1190620.jpg



時間が少しありましたので・・・名物の赤こんにゃくと長寿麩をいただきます。

P1190621.jpg



でーーー港の広場で地図を見てたら・・・

P1190623.jpg



P1190624.jpg



三重塔とモチの木を見てくるのを忘れていました~~~

P1190622.jpg



乗船して長浜へ戻りましょうかねぇ~~~

P1190636.jpg



続きます。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






西国三十三所草創1300年 「第30番札所 宝厳寺 」

こんにちは。

P1190722.jpg





宝厳寺は、神亀元年(724)聖武天皇の勅願により僧『行基』が開基した寺院です。

豊臣秀吉の遺命により京都東山「豊国廟」より移築された西国第三十番札所観音堂・唐門、

藤原時代の工風を忠実に再現した高雅華麗な大辯才天堂などがあります。

特に「唐門」は豊臣期の大坂城の唯一現存する遺構として有名なのです。

琵琶湖に浮かぶ島の景趣は「深緑 竹生島の沈影」として有名です。

そして、ご本尊の大弁財天は、江ノ島・宮島と並ぶ「日本三弁才天」の一つです。



第30番    「竹生島  宝厳寺」

ご本尊    千手千眼観世音菩薩 (観音堂)

ご詠歌     月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして



滋賀県長浜市の琵琶湖に浮かぶ竹生島内にございます。

唯一、西国三十三観音霊場の中で、船に乗って行かなければなりません。

竹生島港に下りたら・・・・祈りの階段165段が待ち受けております~~~

map_201709301948430c3.jpg



港には、琵琶湖周航の歌碑には日本の学生歌が刻まれています。

P1190534.jpg



売店には、後で寄りましょう。

P1190536.jpg



港の広場には、色々な石柱もございます。

左側は、深緑竹生島沈影の碑と常夜灯です。

P1190536a.jpg



上の方を見ますと・・・・

P1190539.jpg



ここで拝観料を支払います。

P1190542.jpg



最初の竹生島神社の鳥居です。

ここで道が分かれ、上へ上がると宝厳寺、右へ曲がると竹生島神社(都久夫須麻神社)がございます。

P1190543.jpg



扁額です。

P1190544.jpg



上への階段を登ります。

宝厳寺の石柱です。

P1190546.jpg



次の鳥居へと登ってきます。

P1190548.jpg



このような「祈りの階段」が165段、結構1段が高くて・・・最初から息切れをしております。

P1190548a.jpg



湖底深井の瑞祥水の手水舎です。

P1190549.jpg



こちらの手水舎もございます。

P1190550.jpg



本堂(弁才天)の石柱です。

P1190551.jpg



本堂の境内には、こちらの祠もございます。

P1190551a.jpg



重要文化財の五重石塔です。

P1190559.jpg



詳しくは、コチラを・・・

P1190560.jpg



灯籠も・・・

P1190563.jpg



本堂の横に佇むとっても強そうな不動明王様です。

P1190564.jpg



このような石柱もございます。

P1190565.jpg



宝厳寺の手水舎です。

P1190556.jpg



本堂(弁才天堂)です。

神亀元年に聖武天皇が行基をつかわし、開基させたのが始まりなのです。

西国三十三所観音霊場の第三十番札所としてたくさんの人が訪れていて、日本三大弁才天の一つとしても有名です。

ちゃんとお参りをいたしまして・・・

P1190562.jpg



P1190567.jpg



P1190569.jpg



幸せダルマの中に願い事を入れて奉納するとご利益があるそうです。

P1190570.jpg



P1190571.jpg



本堂から境内を見てみました。

P1190572.jpg



港を眺めると、琵琶湖の水平線が美しいです。

P1190577.jpg



この続きは、また・・・




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






西国三十三所草創1300年 「竹生島クルーズ~第30番札所 宝厳寺」

こんにちは。

P1190479.jpg



琵琶湖クルーズは、「ぐるっとびわ湖めぐり」や「びわ湖日本遺産クルーズ」がございます。

その中でも、今回は「竹生島(ちくぶじま)クルーズ」です。

日本遺産に認定された祈りの島「竹生島」を訪ねます。

湖岸から6kの沖合に浮かぶ周囲約2kの島です。

パワースポットとして知られ、島全体が神秘的な空気に包まれております。



息吹の山も見えますね。

P1190473.jpg



P1190474.jpg



この島なのかしら???

浮いてるように見える・・・・

P1190476.jpg



ここでチケットを購入します。

P1190477.jpg



長浜港から出発です。

約30分のクルージングです。

P1190481.jpg



竹生島のMAPです。(パンフレットから)

琵琶湖ですから、クルージングと言っても揺れません。

P1190483.jpg



伊吹山を撮ってみました。

P1190485.jpg



北ビワコホテル グラツィエと長浜ロイヤルホテルが見えます。

P1190486.jpg



長浜びわこ大仏様が見えてきました。

高さ28m青銅製の阿弥陀如来像です。

P1190488.jpg



長浜城も見えてきました。

正しくは、長浜城歴史博物館です。

P1190489.jpg



天気も良く、とっても気持ちが良いですね。

P1190491.jpg



波を見てても、船酔いしないで~~~す。

P1190492.jpg



竹生島が見えてきました。

P1190494.jpg



P1190499.jpg



ちょっと望遠で・・・

P1190504.jpg



P1190505.jpg



小さな島(岩?)もあるようです。

P1190506.jpg



P1190511.jpg



こちらは、龍神拝所(かわらけ投げ)です。

P1190525.jpg



望遠ではありますが・・・竹生島港と本坊が見えてます。

P1190529.jpg



龍神拝所(かわらけ投げ)です。

絶対に、かわらけ投げをして来よう!!

P1190530.jpg



参道が見えます。

楽そうですが・・・・確か165段が・・・

P1190532.jpg



この石灯籠は???

P1190625.jpg



三重塔と宝物殿でしょうか?

下の建物は・・・・工事中????

もしかして・・・唐門と観音堂???

P1190626.jpg



そろそろ港へと入っていきます。

P1190627.jpg



この岩、何かに似てる?!

P1190631.jpg



船内の様子を・・・・

P1190637.jpg




さて、上陸しましょう!!

DSC_0759_20171004205247dd8.jpg




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






2017年 「中秋の名月」

こんにちは。

IMG_2520.jpg



19:54に撮った「中秋の名月」です。

自宅近くには、分かりやすい有名な建物もなく・・・

かといって、この時間は随分上方にあり、建物と一緒には難しいし・・・・

この写真となりました~~~



「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜の月のことを云います。

農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれております。

でーーー昨日の記事、栗きんとんと一緒に、名月を愛でておりました。(ちょっと早い栗名月?)

IMG_2518.jpg



今年10月4日が中秋の名月、その翌々日の10月6日が満月となります。

ちょっと欠けてるように見えますよね。

IMG_2522.jpg



今年の中秋の名月、綺麗に見えましたね♪

IMG_2527.jpg



ちなみに、写真はいつものデジカメで撮っております。



最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






岐阜県中津川市 栗きんとん 「すや」

こんにちは。

P1190449.jpg



「すやの栗きんとんが食べた~~~い」と願い続けたら・・・

9月末に、やっと頂けました~~~

コレ、頂かないと、秋が来ないのよねぇ~~~



栗きんとんと言えば、私的には・・・まずは「栗きんとん本家 すや 本店」


そして「川上屋」  「くり屋 南陽軒」  「仁太郎」


JR中津川駅周辺には、栗きんとんのお店がいっぱいあり、食べ比べが出来ます。


「仁太郎」には、栗きんとんを製造しているときに鍋にこびりついてしまった栗を、


栗おこげとして売っていて、パリパリして美味しいですよ。




高いので・・・この1箱のみ。

二人で頂くので・・・一人3個です。

P1190443.jpg



P1190444.jpg



可愛いイラストです。

P1190445.jpg



6個入り 1533円

P1190446.jpg



自然の栗のお味。

木曽路の香りが届きました。

熱いお茶と一緒に、素朴な栗きんとん。

P1190451.jpg



ちなみに・・・モンブランのケーキは苦手な私です。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






ミュージカル 「レ・ミゼラブル」 観てきました♪

こんにちは。

レミゼ3



6月に、ロンドンで観劇してきた「レ・ミゼラブル」

日本でも何回観た事か・・・・その度に圧倒されてしまいます。



今回のキャストは、こちらでした。

ジャンバルジャン   福井 晶一さん

ジャベール        岸 祐二さん

ファンテーヌ       知念 里奈さん

コゼット         生田 絵梨花 さん

エポニーヌ        昆 夏美 さん

マダム・テナルディエ 谷口 ゆうなさん



今年の「レ・ミゼラブル」は、日本初演30周年記念公演です。

ですから、今回は四大都市ツアーの大千秋楽の10月16日の公演は、特別カーテンコールがあるみたい。

いいなぁ~~~

れみぜ4



この迫力ある舞台を楽しみたいと思います。

レミゼ2
 


でーーー観劇して参りました~~

まだ6月ロンドンでの公演の記憶もある内に・・・・

本日の公演時間の案内を・・・

P1190395.jpg



ロビーの壁には大きな・・・

P1190397.jpg



アップしちゃいますね。

P1190397a.jpg



P1190397b.jpg



P1190397c.jpg



P1190397d.jpg



この写真の下には・・・・今までの・・・

P1190397e.jpg



コレも少しアップしちゃいますね。

P1190397f.jpg



P1190397g.jpg



P1190397h.jpg



P1190397i.jpg



P1190397j.jpg



P1190397k.jpg



P1190397l.jpg



そして、もう一つの壁には・・・・今までの写真の一コマで出来た・・・・・

P1190402.jpg



P1190398.jpg



ちょっとアップしてみます。

P1190401.jpg



P1190405.jpg



P1190405a.jpg



このようなジャンバーも売っております。

P1190418.jpg



本日のキャストです。

P1190422.jpg



ポスターにサインがしてありますよ~~

P1190423.jpg



P1190429.jpg



そして・・・

P1190426.jpg



あの銀の燭台がございました。

P1190428.jpg



ステキな迫力のあるメロディー、しばらく口ずさんでしまいそうです。

何回も観劇した「レ・ミゼラブル」

ロンドン公演を観劇した後は・・・・再度ロンドンで観たくなってしまいました~~~

だって、日本の公演もステキなんですが・・・迫力やら・・・違うのよねぇ~~~

あの場面が忘れられないの。

英語なんですが・・・それでも理解出来て、圧倒されるのです。

さて、またあのシアターに申し込みしようかしら???



ああああぁぁぁぁぁ~~~ステキな1日でした~~~~




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ