西国三十三所草創1300年 「第9番札所 興福寺」

こんにちは。

P1220800.jpg



興福寺は、、法相宗の大本山の寺院です。

そして、1998年「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

平城京での創建1300年を期に中金堂が再建中で、南大門の再建も計画されてるようです。

藤原鎌足夫人の鏡大王が夫の病気平癒を願い、鎌足発願の釈迦三尊像を本尊として、

天智天皇8年(669年)山背国山階(現京都市山科)に創建した山階寺が当寺の起源だそうです。

国宝の五重塔を、猿沢の池から見る景色は有名ですね。




では、興福寺の南円堂の周りから、急ぎ足で見学をして参ります。

地図と併せて、ご覧下さいませ。

「不動堂」です。

P1220754.jpg



一言だけのお願いをすると、それが叶えられるといわれている「一言観音」です。

P1220764.jpg



一言観音の扁額です。

p1220767.jpg



五重塔も見えます。

P1220770.jpg



国宝の「北円堂」です。

近くにも行けないよう、柵ががしてあります。

藤原不比等の一周忌に際し、元明上皇、元正天皇の両女帝が長屋王に命じて創建させたものです。

平面が八角形の「八角円堂」です。

中には運慶作の仏像が安置されています

P1220777.jpg



アップして・・・

P1220778.jpg



ぐる~~と回って・・・・国宝の「三重塔」です。

P1220785.jpg



1143年、崇徳天皇の中宮・皇嘉門院により創建されたそうです。

P1220787.jpg



このような石もございまして・・・

P1220791.jpg



お地蔵様もいらっしゃいます。

P1220793.jpg



売店もございましたので、覗いてみました。

P1220799.jpg



国宝の東金堂と五重塔です。

P1220802.jpg



このようなポスターもございましたので・・・

P1220803.jpg



P1220805.jpg



P1220806.jpg



国宝館は休館中、来年なら・・・

P1220809.jpg



「東金堂」です。

726年、聖武天皇が、伯母にあたる元正天皇の病気平癒を祈願し、薬師三尊を安置する堂として創建した国宝です。

銅造薬師三尊像と脇侍の日光菩薩像・月光菩薩像は、重要文化財です。

その他の仏像は、全て国宝ですよ~~~

P1220816.jpg



P1220815.jpg



国宝の五重塔です。

天平2年(730年)、光明皇后によって創建されたものと伝えられているが、何回も焼失してるようです。

高さ50mあるそうです。

P1220817.jpg



中金堂の再建工事が行われております。

平成30年に落慶予定だそうです。

P1220823.jpg



東金堂の前にあった石碑です。

紀元二千六百年(昭和15年)に立てられたものです。

「花之松ハ世ニ弘法大師ノ手植ト傳ヘ姿態雄偉夙ニ南都ノ一名木タリ」で始まります

P1220824.jpg



弘法大師が永代の花として捧げた松の子孫らは、松食い虫の被害により枯れて今は花乃松の石碑だけがあります。

P1220825.jpg



見学を終えて・・・近くで昼食です。

p1220826.jpg



頂いた後、周囲を見渡すと・・・キレイに色づいておりました~~

P1220833.jpg



P1220834.jpg



車に乗り・・・猿沢の池を通り過ぎて・・・

P1220837.jpg



P1220838.jpg



奈良公園のシカも見て・・・

P1220840.jpg



とっても良い天気になっておりました~~

P1220841.jpg



続きます。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



ポチンとして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村






西国三十三所草創1300年 「第9番札所 興福寺 南円堂」

こんにちは。

P1230052.jpg



弘仁4年(813)藤原冬嗣)が父 内麻呂、追善の為に建てたそうです。

基壇築造の際には地神を鎮めるために、和同開珎や隆平永宝を撒きながら版築したことが発掘調査で明らかにされた。

また鎮壇には弘法大師が係わったことが諸書に記されております。

不空羂索観音菩薩像を本尊とし法相六祖像、四天王像が安置されています。

興福寺は藤原氏の氏寺でしたが、藤原氏の中でも摂関家北家の力が強くなり、

北家繁栄の礎となった南円堂は興福寺の中でも特殊な位置を占めたyぷです。

その不空羂索観音菩薩像が身にまとう鹿皮は、藤原氏の氏神春日社との関係で特に藤原氏の信仰を集めたようです。



第9番   「興福寺  南円堂」

ご本尊   不空羂索観世音菩薩像

ご詠歌   春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲




奈良市にあり、隣は奈良公園、春日大社、奈良ホテルがございます。

P1220800.jpg



バスからの眺めです。

P1220739.jpg



猿沢の池を・・・五重塔が見えますね。

P1220742.jpg



紅葉もキレイです。

P1220743.jpg



駐車は、地図の「国宝館は休館」って書いてある所です。

そこから、歩いて・・・興福寺の伽藍「南円堂」へ・・・

建物の左には、「南円堂藤」 、南都八景の一つで、毎年美しい花を咲かせているようですね。

P1220748.jpg



灯篭は平成の新造で、陳舜臣氏撰の銘文が刻まれておりました。

P1220749.jpg



廉慶・運慶親子作の仏像が安置されている南円堂は、日本で最も大きい八角円堂といわれております。

P1220751.jpg



手水舎です。

P1220752.jpg



アップして・・・

P1220753.jpg



南円堂の右側にある「右近の橘」です。

P1220756.jpg



「左近の藤」です。

南円堂藤とも呼ばれて、藤原氏の氏寺ですので・・・サクラではなくて「藤」なんですね。

P1220756a.jpg



鐘楼です。

P1220758.jpg



南円堂を横から・・・

P1220761.jpg



正面を・・・

P1220763.jpg



扁額には花山法皇が詠んだ南円堂の御詠歌がかけられています。

P1220762.jpg



P1220772.jpg



ぐる~~~と後ろの方へ・・・

P1220781.jpg



いつもの鬼瓦も・・・

P1220796.jpg



コチラも・・・

P1220797.jpg



この時期の奈良県も綺麗な紅葉です。

P1220807.jpg



P1220813.jpg



地図の南大門跡地から、撮ってみました。

P1220814.jpg



P1220818.jpg



P1220820.jpg



P1220822.jpg



次は、興福寺の他の建物を・・・・・




最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



ポチンとして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村







プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ポチンとして頂けたら嬉しい
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ
にほんブログ村