高野山へ満願報告   奥之院へ

こんにちは。



本日は、オスロで「ムンク」の絵を鑑賞です。




「高野山 奥之院へ満願報告」

        ありがたや 高野の山の岩かげに 

                大師はいまだおわしますなる



平成27年 弘法大師空海の手で、密教の道場が開かれてから1200年目。

奥之院は、高野山信仰の中心であり、弘法大師様が御入定されている聖地です。

一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、おおよそ20万基を超える諸大名の墓石や、

祈念碑、慰霊碑の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。



奥の院地図



「奥之院前」の信号機のある場所から入場いたします。

こうや君も出迎えてくれてます。

私たちは、奥之院がメインですから、ここから入りますが・・・・・「一の橋」のバス停がある所からの方が良いと思います。

数多くの戦国武将のお墓が点在していますから・・・・(小さい時から何回も高野山には来ていますが・・・あまり覚えがない)

P1010956b.jpg



手水舎です。

紋が二つありますね。一般家紋は、ひとつですが二つで宗紋とされています。

「五三の桐」と「三頭左巴」。  「五三の桐」は鎌倉時代後期より、皇室の紋所として使用されていますね。

空海・佐伯真魚は讃岐国の豪族である佐伯直田公の3男として生まれました。巴紋は佐伯家の家紋でもあります。

後に天皇から弘法大師の称号を下賜された時に一緒に天皇家の家紋である5・3の桐紋も頂かれたとあります。

それからこの二つの紋が宗紋として定められたのだそうです。

P1010958b.jpg



石灯ろうが綺麗に整列された参道を進んで参ります。

P1010963b.jpg



ロケットの慰霊塔もあります。  新明和工業株式会社の墓碑です。

P1010964b.jpg



コチラは日産自動車ですが、色々な企業の慰霊塔が並んでおりました。

各企業らしい慰霊塔で、見たら分かるような・・・

P1010966b.jpg



この分岐点で左折します。

P1010967b.jpg



この扇形のお墓は・・・確か・・・・花菱アチャコ句碑です。

P1010969b.jpg



芭蕉の句碑って、真ん中の石かしら?

このお墓が立ち並ぶ参道に入ると、多くの団体さんがあっちこっちで説明をしていて、隅っこを歩いたり・・・・すごい混みようです。

P1010971b.jpg



加賀前田利長夫人のお墓です。 参道の反対側には利長公のお墓があります。

P1010973b.jpg



見た通りのお墓でございます。

P1010974b.jpg



正面から見てみます。  法然上人大師のお墓です。

P1010975b.jpg



安芸の浅野家のお墓です。

P1010976b.jpg



結城(松平)秀康及び同母霊屋です。

慶長12年(1607)徳川家康が次男秀康のために建てた(重要文化財)ものです。

P1010978b.jpg



肥前島原 松平家のお墓です。

P1010980b.jpg



この階段を登ると・・・豊臣秀吉のお墓があるのですが・・・・・素通りしちゃっていくのです。時間がないので・・・

近くには織田信長のお墓もあったのに・・・・・・

P1010981b.jpg



奥之院 御廟橋からは、写真撮影禁止なんです。

って言うか、すごい人で写真撮るヒマがないの。 少しでもボーとしてると皆様からはぐれて迷子です。

歴代天皇陵もあり、奥之院の中はすごい混雑してますが、弘法大師様の御入定された所まで拝顔できました。

御廟橋の橋板は37枚です。金剛界37尊を表しております。

弘法大師御廟(国史跡史蹟)。燈篭堂は仏教寺院には珍しい拝殿の形を持ち、その最奥部に弘法大師廟が祀られています。

燈篭堂正面右奥には石田三成が母のために建てた経蔵(国重要文化財)がある。空海は835年3月21日、

62歳の時生身のまま定入したという伝説があり、五穀を絶って即神仏となり、高野山で永遠に生き続けているのです。

その大師のそばに眠り たいという願望が、奥の院を今日見られるような壮大な菩提所にしたと考えられるそうです。




お参りを終えて・・・・水向地蔵様です。   ここからは撮影しても大丈夫です。

先祖の冥福を祈るため、経木を供え、浄水を手向けます。

P1010983b.jpg



この建物には「ご休憩所」と書かれておりますが・・・

P1010985b.jpg



散華です。  この日は午後4時から奥之院燈籠堂にて、1200年記念大法会「萬燈会」がありました。

その時に頂いたものです。蓮華を模っている形のものです。

散華を行うのは、華の芳香によって悪い鬼神などを退却させ、道場を清めて仏を迎えるためとされるとのことです。

P1010986b.jpg



こうや君です。

P1010989ba.jpg



次は、宿坊 天徳院です。 

つづく・・・・・・・・



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛




ご朱印です。

P1020533b.jpg






プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ポチンとして頂けたら嬉しい
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ
にほんブログ村