西国三十三所草創1300年 「第20番札所 善峯寺」

こんにちは。

P1270133.jpg




日本一の松 神経痛・腰痛の祈願所 入学成就の祈願所、

徳川五代将軍綱吉生母、桂昌院ゆかりの京都西京区のお寺です。

比叡山の僧源算が長元2年(1029年)にこの地に小堂を建て、十一面千手観世音菩薩像を刻み

本尊としたのが当寺の開創と伝えられています。

白河天皇が諸堂を建設し、後に、後花園天皇が伽藍を改築、大いに栄えたが、

応仁の乱により、これら全てを焼失したようです。

そして、元禄年間に徳川五代将軍綱吉の生母、桂昌院の寄進により寺は復興されたそうです。




第20番   「西山  善峯寺」

ご本尊    千手観世音菩薩

ご詠歌    野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立




国内旅行も海外旅行も、雨女の所以でしょうか。

お参りする日も・・・どちらかと言うと雨も多いような・・・

そして、思ったのが、自分は階段よりも坂道がキライだと言う事。

息切れは、坂道の方が激しいと思います。

そんなキライな坂道と雨が重なると・・・・その上寒い~~~ヒサンでございます。

その上、写真も撮らねばならない義務もありまして・・・・・




果てしなく続くなだらかではありますが、坂道でございます。

2月のある日の事でございます。

P1270011.jpg



まずは、善峯寺の境内図です。

20.jpg



こちらは、東門でしょうか?

P1270012.jpg



このような階段も上り・・・

P1270013.jpg



やっと山門です。

正徳6年(1716)建立、三間一戸の楼門形式のお堂です。

楼上の本尊文殊菩薩と脇侍二天は、現在、文殊寺宝館に奉安しています。

提灯の家紋は、 繋ぎ九目結紋でして、桂昌院の実家・本庄家の家紋です。

P1270014.jpg



山門の扁額です。

P1270016.jpg



楼下の金剛力士は、運慶作で源頼朝寄進と伝えられています。

p1270016a.jpg



山門の横に、西山宮門跡の表示がございました。

各法親王が歴代の住職となった関係から、この寺が「西山の宮」といわれております。

「からだのいたみ こころのいたみ・・・・・」欲しいお守りですね。

p1270017.jpg



善峯寺の説明書きです。

P1270067.jpg



P1270068.jpg




手水舎です。

気温が低いので・・・凍っておりますよ~~

P1270017a.jpg



P1270018.jpg



階段を上った所に、本堂(観音堂)がございます。

元禄5年(1692)建立、桂昌院の寄進により再建された入母屋造のお堂です。

西国三十三所観音霊場の第20番札所の本尊は、千手観音で仁弘法師御作です。

京都洛西観音霊場の第1番の本尊は、脇本尊千手観音で源算上人御作です。

P1270019.jpg



本堂から、山門を見てみました。

P1270019a.jpg



本堂の拝所です。

P1270027.jpg



本尊の扁額です。

P1270029.jpg



お守り納めどころなるものがございました。

2匹のワンちゃんが可愛いです。

P1270030.jpg



本堂から境内も景色です。

p1270032.jpg



遊龍の松です。

五葉松で樹齢600年以上、全長37m、国の天然記念物に指定されています。

L字型に伸びた幹は、地を這うように伸び、臥龍の遊ぶ様に見えます。

正面に見える建物は、護摩堂だと思います。

P1270033.jpg



こちらが、主な幹でございます。

本来は、全長50mもありましたが、松食い虫に食われて、15m切断したそうです。

P1270035.jpg



P1270034.jpg



標石は明治26年、鳥尾中将の書です。

P1270036.jpg



p1270037.jpg



多宝塔です。

元和7年(1621)建立、国の重要文化財に指定されています。

本尊は愛染明王です。

P1270041.jpg



こちらは、舞台造りになってる幸福地蔵です。

P1270043.jpg



P1270044.jpg



幸福地蔵の扁額です。

P1270046.jpg



この高台から眺めた景色でございます。

白山権現、白山 桜あじさい苑が見えます。

p1270047.jpg



開山堂です。

貞享2年(1685)建立、開山源算上人のご廟所です。上人117歳の尊像が祠られています。

P1270050.jpg



護摩堂です。

本尊は五大明王(不動・降三世・軍荼利・大威徳・金剛夜叉の五尊)で、元禄5年(1692)桂昌院により建立されました。

P1270052.jpg



鐘楼堂(つりがね堂)です。

貞享3年(1686)、桂昌院により建立されました。

徳川5代将軍綱吉公の厄年にあたり寄進され、「厄除けの鐘」と云われています。

P1270053.jpg



経堂(心願成就の絵馬堂)です。

宝永2年(1705)建立、桂昌院により寄進されました。

P1270055.jpg



経堂の扁額です。

P1270056.jpg



桂昌院しだれ桜です。

樹齢300年以上のしだれ桜で、江戸時代、桂昌院お手植えと伝えられます。

p1270057.jpg



この桜はもみじとの合体木で、二本の古木が絡み合った結び木となっています。

P1270059.jpg



P1270060.jpg



石柱です。

P1270069.jpg



では、次へ参りましょう。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



ポチンとして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
ポチンとして頂けたら嬉しい
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ
にほんブログ村