イタリア 「ファッションの都 ミラノへ」

ボンジョルノ (Buon giorno)

キャプチャ


すみません。

ここからの記事の写真が・・・手違いでしばらくサイズが大きくなってしまって・・・

このままイタリアの記事が終わるまで・・・お許しください。




ジェノバのホテルから、145km バスで2時間半かかるようです。

6日目となりました。

6日目は、ミラノを2時間半の自由行動の後、ベネチアへと移動します。

ミラノは、ケルト人が築いた町ですが、商売を中心に発展して、

13世紀からミラノ公ヴィスコンティ家がルネサンス文化を開花させました。

商工業が盛んになり、経済面も交通もよくなり、パリと並んで世界のファッションをリードするようになりました。

アルマーニ、ヴェルサーチ、プラダ等、有名ですね。




では、ジェノバのホテルで朝食を頂きます。

IMG_1477.jpg



IMG_1478.jpg



IMG_1479.jpg



バスに乗り、一路ミラノへ目指します。

IMG_1480.jpg



IMG_1483.jpg



ミラノの街に入ったようです。

IMG_1486.jpg



DSC_0643_20170504223039e56.jpg



ガドルナ駅前のオブジェ「AGO,FILO E NODO(針と糸とむすびめ)」です。

2000年に作られたファッションの街ミラノを象徴するシンボルです。

IMG_1487.jpg



そして、次に見えてきたのが、この塔です。

スフォルツェスコ城です。

内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されています。

IMG_1489.jpg



スフォルツェスコ城の外壁です。

IMG_1491.jpg



こんな所を通って・・・

IMG_1492.jpg



IMG_1493.jpg



IMG_1495.jpg



スカラ座でしょうか?

IMG_1497.jpg



市庁舎だと思います。

IMG_1498.jpg



IMG_1499.jpg



ダヴィンチ像です。

IMG_1501.jpg



直訳すると・・・「芸術と科学の若返り」でしょうか?

IMG_1503.jpg



IMG_1504.jpg



IMG_1509.jpg



IMG_1505.jpg


ダヴィンチ像のレリーフです。

IMG_1510.jpg



IMG_1511.jpg



ここが、ガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele II)の入り口です。

IMG_1512.jpg



その2に続きます。

グラツィエ (Grazie)






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。




コメント

Secret

プロフィール

ヒツジのとっとちゃん

Author:ヒツジのとっとちゃん
FC2ブログへようこそ!

お越し下さり、ありがとうございます。

好きな事をしながら、毎日を過ごしております。
徒然なるままに・・・・・記事が書けたらいいなぁ~~

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ポチンとして頂けたら嬉しい
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村
最新記事
ヒツジのカウンター
コメントありがとうございます♪
カテゴリ
リンク  宜しくご贔屓下さい♪
月別アーカイブ
検索フォーム
モラタメ
にほんブログ村