FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  一風変わった御朱印巡り  >  東福寺 >  京都 「東福寺」 散策しましょう♪

京都 「東福寺」 散策しましょう♪

こんにちは。

P1230511.jpg



今回は、この地図の右側を・・・・

2017111714560690d_20171129193956dc9.jpg



ここを見ながら・・・

P1230252.jpg



庫裏です。

方丈唐門とともに昭憲皇太后の恩賜建築で、切妻を正面とする禅宗式寺院の典型です。

別料金で「方丈の庭園」の見学が出来ます。

P1230254.jpg



ここでチケットを買うのですが・・・時間がございませんので・・・

P1230263.jpg



コレだけでガマンいたします。

方丈を囲んで四方に配され、釈迦成道を表現し、八相の庭と命名されています。

鎌倉期庭園の質実剛健な風格を基本とし、これに近代芸術の抽象的構成をとり入れた枯山水庭園です。

P1230264.jpg



建物はアップして・・・

P1230259.jpg



P1230262.jpg



P1230260.jpg



方丈の恩賜門(勅使門)です。

明治14年の火事で方丈、庫裏、法堂、仏殿が焼失したそうです。

その翌年、英照皇太后、昭憲皇后から、再興のための賜金が給わされました。

明治42年(1909年)に造営された唐門を恩賜門と呼ばれるようになったそうです。

P1230256.jpg



この奥に、方丈庭園があるのです。

P1230257.jpg



こちらもアップして・・・

P1230258.jpg



そして・・・・偃月橋(えんげつきょう)を見たくて・・・

P1230266.jpg



紅葉も綺麗でしょう。

P1230267.jpg



こちらが、偃月橋です。

本坊より塔頭、龍吟・即宗両院に至る三ノ橋渓谷に架かる単層切妻造・桟瓦葺きの木造橋廊です。

1603年に再建、1967年に重要文化財に指定され、日本百名橋にも選ばれています。

P1230271.jpg



橋からです。

P1230272.jpg



ここだけ、とっても静寂な世界です。

他は、凄い人ですよ~~

P1230273.jpg



橋を渡った所に、即宗院がございました。

東福寺の塔頭の一つだそうです。

薩摩の武将、島津氏久の菩提のため、剛中玄柔和尚を開基として創設され、

幕末期、当院の茶亭にて西郷隆盛が僧月照と倒幕計画を話し合った場所だそうです。

P1230274.jpg



別料金で中を拝観できますが・・・時間が・・・一番上の写真のご朱印を頂きました。

P1230275.jpg



そして・・・・戻りつつ・・・

P1230276.jpg



五社成就宮です。

P1230278.jpg



浴室です。

前面を入母屋造、後方を切妻造にした単層本瓦葺の建物で、

長禄3年(1459年)に建てられた京都最古の浴室建築の遺構として知られています。

内部は正面板敷きの上に2つの蒸し風呂が並び、後方に釜と焚き口があるようです。

P1230279.jpg



扁額と言うべきか・・・

P1230281.jpg



上の方に鐘楼がございます。

P1230283.jpg



十三重石塔です。

1343年九条道家が、東福寺創立を祈願して造立しました。

P1230285.jpg



次は、東福寺紅葉の渓谷からです。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



ポチンとして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可