FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  徳道上人を追って、西国三十三所巡り >  16番 清水寺 >  西国三十三所草創1300年 「第16番札所 清水寺」 その1

西国三十三所草創1300年 「第16番札所 清水寺」 その1

こんにちは。

P1270127.jpg



あまりにも有名な京都・清水寺は「清水の観音さん」「清水の舞台」「音羽の滝」で内外に知られています。

「清水寺」の寺名は音羽の滝の清泉にちなむとの事。

清水寺の開創は778年、遡ること1200年余です。

奈良で修行を積んだ僧、賢心の夢に白衣の老翁があらわれ

「北へ清泉を求めて行け」とお告げをしたことが清水寺の始まりです。

京都・東山連峰の一つ、音羽山の中腹に建つこの寺院には、

大慈大悲をあらわす観音さまを慕って今も多くの人々が集います。



第16番    「音羽山  清水寺」

ご本尊    十一面千手千眼観世音菩薩

ご詠歌    松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん



現在、清水寺さんでは、秘仏を222年ぶりに「大随求菩薩像(だいずいぐぼさつぞう)」がご開帳されております。

今月18日までだそうでしょ。

ふだん閉ざされている随求堂の扉を開帳したうえでの公開ですので、貴重です。

西国三十三所創設1300年を記念して行われているそうです。




音羽山の中腹に広がる13万平方メートルの境内には、国宝と重要文化財を含む30以上の伽藍や碑が建ち並びます。

そして、1994年にはユネスコ世界文化遺産「古都京都の文化財」のひとつとして登録されました。



境内図です。

P1250584.jpg



まずは、駐車場から、混雑した参道を歩いて参ります。

ここで、見学とお参りもして・・・

P1250569.jpg



何回も清水さんに来ていますが・・・知らなかったです。

大日堂です。

P1250568a.jpg



私の守り本尊「大日如来様」です。

P1250568.jpg



そして・・・少し行きますと・・・仁王門の階段左手に、善光寺がございます。

今回、こちらも初めて知りました。

p1250570.jpg



首振地蔵さんです。

合唱して、お地蔵様の頭を回す事が出来ますので、拝んでください。

P1250571a.jpg



そして、重要文化財の仁王門です。

ここは、いつも観光客で賑わっておりますね。

目隠し門とも呼ばれております。

何を隠すかと云うと・・・・天皇の御所なんですね。

P1250572.jpg



清水さんの七不思議の一つ、カンカン貫と云うそうです。

P1250573.jpg



清水寺の狛犬は・・・なぜか片方しか写真がありませんが・・・

こちらの狛犬は2体とも、口を開けた阿形像なのです。

P1250575.jpg



そして、この前を通り・・・

本堂でのお参りが先ですので、早足にて移動していきます。

P1250576.jpg



P1250577.jpg



音羽の滝も見えてます。

P1250578.jpg



清水本堂は、現在工事中です。

シートにしっかりと被さって・・・・本堂の中は暗いです。

そして、人もごった返しの状態でして・・・写真は撮りましたが・・・・掲載するにはひどすぎました。

お参りはしっかりとしてきましたが・・・経本さえも暗くて見にくかったのです。

その清水の舞台は、このような状況です。(29年12月下旬)

p1250580.jpg



まだ少し紅葉が残っておりました。

P1250581.jpg



ここからは、時間制限のある自由時間です。

音羽の滝へは、長い階段もあり・・・断念します~~~

縁結びの地主神社です。

知らなかった~~~所がいっぱいね。

P1250585.jpg



重要文化財の釈迦堂です。

本堂の先の山腹に建つ、寄棟造、檜皮葺きの三間堂です。

P1250586.jpg



同じく重要文化財の阿弥陀堂です。

釈迦堂の右(南)に建つ入母屋造、瓦葺きの三間堂です。

P1250588.jpg



阿弥陀堂は、法然上人二十五霊場の十三番とされています。

P1250590.jpg



本堂が工事用シートで・・・・

P1250589.jpg



P1250591.jpg



重要文化財の奥の院にある「ふれ愛観音像」です。

工事前には、本堂になかったかしら??

P1250592.jpg



では、ここで集合場所である仁王門へと戻りましょう。

その2で、他のお堂を見て回ります。

続きます。





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



ポチンとして頂けたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代 日々のできごとへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可