FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  未知の体験!海外旅行 >  2014年10月JALビジネスで行く南米周遊ツアーマチュピチュ・イグアス >  感動の南米ツアー  「ペルー 失われた謎の空中都市 マチュピチュ その6」

感動の南米ツアー  「ペルー 失われた謎の空中都市 マチュピチュ その6」

こんにちは。



まだマチュピチュ「その6」です。


マチュピチュ地図
ニシカワツアーズ様よりお借り致しました。



終わりには近づいてきましたが・・・・・あと少しです。


南米大陸に消えた「黄金郷 エル・ドラド」を探して・・・・アンデスの秘宝 マチュピチュ



遺跡の西の丘の上に据えられた一枚岩。  「インティワタナ 日時計」

太陽をつなぎとめる岩   花崗岩で作られワイナピチュを模した大きな岩です。

角柱の各角は、東西南北を指しており、対角線上を冬至の日の太陽が通過します。

住居地区の最高所にあるので、眺めはバツグンです。

P1040398a.jpg



皆さん、このように手を石に当てて写真を撮っております。

北にワイナピチュ、南にマチュピチュ、アンデスの山並みの景色はすごいですね。

P1040402a.jpg



未完成の神殿です。 2棟ある家の横です。

メイン広場に面して壁のような大きな台形の土台が残る建物が、建築途中で放棄された神殿なのです。

P1040405.jpg



すごい所を歩いていたんですね。

P1040406.jpg



メイン広場です。

記事書いてて気が付いたのですが、私たちはワイナピチュの入り口までは行かなかったんだぁ~~~

だから、聖なる岩(大きな岩)を見ていないのです。  仕方がないですね。時間がありませんから・・・・・・

P1040408.jpg



3つの入り口の家です。

メイン広場の東にあり、広場に面して3つの入り口があるとのことですが・・・・

この住居で、ハイラム・ビンガム氏はキープと言う情報を伝える縄を見つけたそうです。

P1040409.jpg



P1040410.jpg



天体観測の石がある建物です。

P1040415.jpg



この中に、水を張って夜空の観測をしたとされたそうです。

直径60cmほどの石臼のようなもので、ビンガムは儀式用と考えたようです。

私たちは、そのような説明を聞いて・・・「なるほど・・」と思いますが、初めて見た氏は色々考えたのでしょうね。

色々と想像するのは無限に楽しい事かもしれませんね。

P1040416.jpg



あの建物が農地管理人さんの住居跡地であり、リャマさんたちのおうちで~~~~す。

P1040419.jpg



「コンドルの神殿」です。

この2枚の巨石が、翼を広げた姿なんですが・・・・・分かりますでしょうか??

巨石の下は、半地下になっており、牢獄でして・・・・拷問所です。  

壁には、小さな穴が空いておりまして、罪人は両手を縛られていたそうです。

P1040421a.jpg



でーーーコンドルの頭はこちらです。

顔とくちばし、分かりますか???

P1040422.jpg



この半地下、狭いですね。

上部の凹んだ(台形)場所にはミイラが、前には捧げものをおいたそうです。
   
P1040423.jpg



メイン広場の1本の木です。

P1040427.jpg



「水汲み場」です。

アンデスの水を引く水汲み場ですね。

遺跡内には、水路が張り巡らされて、生活用水を供給していました。

P1040429.jpg


このような水汲み場が16か所あるそうです。

石を削って、水路を作って上から下へとすごい技術ですね。

P1040431.jpg



沐浴もこの水を使っていたのでしょうね。

P1040432.jpg



P1040433.jpg



では、続きはマチュピチュ遺跡最後の「その7」です。



最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可