FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  四国霊場お遍路 >  17番札所 井戸寺 >  四国八十八ヶ所霊場めぐり  17番札所 井戸寺

四国八十八ヶ所霊場めぐり  17番札所 井戸寺

こんにちは。



「四国八十八ヶ所霊場めぐり  17番札所 瑠璃山 真福院  井戸寺 」

         面影をうつしてみれば井戸の水  
                結べば胸のあかやおちなん




本尊は、薬師瑠璃光如来を主尊とする七仏の薬師如来坐像で、聖徳太子の作と伝えられ、

また、脇仏の日光・月光菩薩像は行基菩薩の彫造と伝えらています。

のち弘仁6年(815)に弘法大師がこれらの尊像を拝むために訪れたとき、

檜に像高約1.9メートルの十一面観音像を彫って安置されているそうです。

この像は、右手に錫杖、左手に蓮華を挿した水瓶をもった姿形で、現在、国の重要文化財に指定されています。

村が水不足や濁り水に悩んでいるのを哀れみ、自らの錫杖で井戸を掘ったところ、一夜にして清水が湧き出したそうな。

そこで付近を「井戸村」と名付け、寺名も「井戸寺」に改めたと言われています。



この日は、弾丸行程でして、8番から17番までの参拝です。   17時半。

三門です。

阿波10代藩主・蜂須賀重喜公が大谷別邸から移築し寄進した門です。

門の左右には大きなわらじが奉納されています。

17番1




17番2



本堂です。    ご本尊は薬師仏を中心に1体、左右に3体ずつ安置した七仏薬師如来です。

鉄筋コンクリート造りだそうです。

17番4



本堂のとなりにあります光明殿だと思います。

17番3



六角堂です。

17番5



大師堂です。

17番6



鐘楼堂です。

17番7



このお堂の中には、面影の井戸があります。

大師が掘った伝説の井戸で、覗き込んで自分の姿がうつれば無病息災、

うつらなかったら3年以内の厄災に注意しないといけないそうです。

17番8




17番札所 井戸寺のお参りを30分で終えました。

本日の宿泊先 徳島グランヴィリオホテルに向かいます。

つづく・・・・・・・・



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛




スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可