FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  四国霊場お遍路 >  59番札所 国分寺 >  四国八十八ヶ所霊場めぐり  59番札所  国分寺

四国八十八ヶ所霊場めぐり  59番札所  国分寺

こんにちは。


この四国お遍路で学んだ事。

どうして自分が生かされて、ここまで来れたのか。

感謝の心なしでは、語りつくせないのでしょうね。




「四国八十八ヶ所霊場めぐり  59番札所  金光山 最勝院 国分寺」

          守護のため建ててあがむる国分寺
 
                   いよいよめぐむ薬師なりけり




聖武天皇が発した国分寺建立の詔によって建立された諸国国分寺の一つです。

寺伝では聖武天皇の勅願により行基が開創し、後に空海が長期にわたって逗留し五大明王像を残したとされそうです。

往時の国分寺はいまの寺から150mほど東にあったそうです。

東塔跡とみられる遺跡には13個の巨大な礎石があり、国の史蹟とされています。

礎石の配置等から推測される七重塔の高さは60mほどで、豪壮な七堂伽藍を構えた寺観は、

伊予の仏教界に君臨した天平の昔をしのばせ、その面影をいまに残しているようです。



駐車場から、ここを歩きます。

p1040714b.jpg



階段を登り・・・・・標柱も見えます。

P1040734b.jpg



鐘楼です。

P1040717b.jpg



P1040732b.jpg



石柱門から、境内に入ります。

P1040718b.jpg



手水舎です。   2014年に新しくなったようです。   薬壺から水が出るのです。

P1040725b.jpg



右側には、握手修行大師像と薬師如来の薬壺がございました。

握手修行大師様と握手をして、願い事を唱えて観ましょう。

薬師如来の薬壺は、体の悪い所を左手でさわり、薬壺の上部に書かれてる「頭」「手」「足」とかを右手で触ります。

P1040729b.jpg



本堂です。   ご本尊様は薬師瑠璃光如来(薬師如来)です。

P1040723b.jpg



大師堂です。   菊のご紋が入っております。

P1040722b.jpg



大師堂の扁額です。

P1040731b.jpg



七福神石仏です。

P1040726b.jpg



とくとく弁天です。

P1040727b.jpg



薬師如来像です。

P1040728b.jpg



次は、順番が変わって、62番札所です。

つづく・・・・・・・



最後まで、お読み下さり感謝申し上げます。

南無大師遍照金剛




スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可