FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  ワクワク鑑賞・観劇・観戦 >  遠征!!    東宝ミュージカル 「貴婦人の訪問」

遠征!!    東宝ミュージカル 「貴婦人の訪問」

こんにちは。



大ヒットウィーン最新ミュージカル、映画化もされたスイスの作家フリードリヒ・デュレンマットの名作。

ミュージカル「貴婦人の訪問」を観劇してまいりました♪



男女の濃密な愛憎劇に加え“集団心理"”拝金主義"など、現代にも十分通じる社会的なテーマを織り込んだ物語を

メロディアスでエモーショナルな音楽でロマンの香り豊かに彩られたミュージカルです。


貴婦人の訪問



億万長者の未亡人となったクレアが財政破綻寸前の故郷、ギュレン市に戻ってきた。

人々は、かつての恋人アルフレッドがクレアに財政援助を頼んでくれることを期待していた。

そして、クレアを迎える晩餐会。

大々的な市への援助を約束したクレアだったが、多額の寄付金20億ユーロと引き換えにある条件を提示する。

それはー「アルフレッドの死」。

な~~んて、こんな内容。   でもこんな事ってあるのかしら??



ギュレン市の駅の場面で幕が開きました。

古びた活気のない風景、でもおお金持ちになったクレアが舞い戻って来ると言う事で、市民はきたいを持ち待っています。

ヘリの音がして・・・クレアが登場。

場面は、ギュレン市内の森へと移り、クレアとかっても恋人アルフレッド。

そして・・・歓迎会の場面へと。

クレアが、寄付金20億ユーロと引き換えに提示するのは「アルフレッドの死」。

市民の生活が一気にクレジットカードで色々な物を買い出し、どんどん裕福な身なりになって行くのです。

市庁舎も駅も綺麗になって行くありさまを見て、アルフレッドは・・・・

昔クレアに対して行われた行為の事について・・・・・



エゴと集団心理の暴走の怖さがリアルに感じられ、自分だったら・・・・考えるのが怖いですね。


山口祐一郎さんがおどおどしてる姿って、初めて見ました。

「モーツアルト」や「エリザベート」を観てると・・・・・不思議な感覚です。

涼風真央さんのドスの効いた言葉、優しく澄み切った声と・・・「死んでも許さない」って言葉がすごかったです。

春野寿美礼さん(アルフレッドの妻)も大人しそうな感じでしたが、

アルフレッドから「ずーと愛していない」みたいな事言われて・・・・ひどいアルフレッドと思いました。



これ以上書くと、ネタバレになってしまいそうで・・・・・





最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。








スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可