FC2ブログ

ヒツジのとっとちゃん♪内緒の備忘録

四国八十八所、西国三十三所のお寺巡り、国内旅行、一人海外旅行をJGC平会員と各種ホテルステイタスで楽しみます♪おばさんの備忘録なので自由気まま、時には食べログ、ミュージカルの観劇も大好き♪人生楽しみましょう!!!予約投稿で頑張ってます。

TOP >  やっぱり安心!国内旅行 >  2016年3月沖縄バースディーフライト3泊4日 >  沖縄観光 「ガンガラーの谷 ガイドツアー 最終ポイント 武芸洞」

沖縄観光 「ガンガラーの谷 ガイドツアー 最終ポイント 武芸洞」

こんにちは。



ここでは遺跡の見学と、なかなか味わえない洞窟内でのちょっとした座学が行われました。

このガンガラーの谷から約1kmの地点で約2万年もの昔、

旧石器時代に存在した「港川人」と呼ばれる人類・ホモサピエンスが発見されています。

港川人が発見されたのはフィッシャーという岩の割れ目であり、発見地が彼らの生活場所であったとは考えにくく、

「武芸洞」が住む環境に適している事から、港川人の痕跡を求めてこの場で発掘調査が進められてたのだそうです。

石棺に入れられた人骨も発掘され、少なくとも7千年前からこの武芸洞は人類の生活の場としての証明されています。

ガンガラーの谷周辺のサキタリ洞には、国内最古級の埋葬人骨が見つかりました。

沖縄にこんなロマン溢れる場所があったのかと思える「ガンガラーの谷」。



では、最後の行程へ。

P1090711.jpg



武芸洞です。

P1090712.jpg



石棺に入れられた人骨があった所です。

P1090714.jpg



長イスがあるでしょう。  ここで、ここの遺跡の座学です。

P1090715.jpg



こんな感じで発掘されたそうです。

人骨は沖縄県立博物館で展示されているそうです。

P1090716.jpg



P1090718.jpg



座学する所と発掘現場がこんなに近くあるのです。

P1090722.jpg



鍾乳石を・・・・

P1090720.jpg



P1090721.jpg



では、見学後は早くホテルにチェックイン致しましょう♪

大変遅くなってしまいました。






最後まで、お読みいただき感謝申し上げます。

ありがとうございます。



宜しければ、ポチンとお願い申し上げます。




スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可